神戸大学合格物語
駿台講師からの激励メッセージ
英語科 丸山 民生
神戸大学は、貿易都市神戸の商科学校にルーツを持ち、国際性を重んじる校風は、総合大学として他に類を見ない魅力となっています。それは、入学試験の英語の問題にも垣間見ることができます。難解な抽象論ではなくプラクティカルな英文を素材としながらも、英文全体の正確な理解なくしては答えられない正統派の出題が一貫して続いています。英文量は、京大や阪大に比べて1.5倍から2倍の量になり、そこに英作文が加わります。正確な読解力、表現力は言うまでもなく、かなりのスピードが要求される、本当の意味での「英語の運用能力」が試される試験です。全国でも指折りの難関と言えるでしょう。これは、とりもなおさず、神戸大が国際コミュニケーションを重視している現われのひとつなのです。ますます国際化する社会にあっては、文系であれ、理系であれ、「専門知識」+「語学力」は必須と言えます。是非とも皆さんが、神戸大の難関を突破し、将来、国際社会で通用する人間へと大きく飛躍されることを願っています。
数学科 川村 一彦
大学では、知識を増やすよりも、ものの見方、考え方を学ぶ方に重点がおかれます。また、自発的にテーマを選ぶことができるので、各課題にも積極的に取り組めます。したがって、これまでよりも学ぶことの楽しさが増すことは間違いありません。
しかし、その前に立ちはだかるのが入試です。しばらくは面白くない受身の勉強が続くのでしょうか。実はそうでもありません。各大学の数学の入試問題は、どれも似たり寄ったりに見えますが、幸いなことに神戸大学の場合は一味違います。しばしば、基本的ではあるが、本質を問う問題が出されます。そのような問題に対処するためには、高校で学んだことの本質を理解していなければなりません。しかし、それは決して難しいことではありません。普段から、対象の捉え方、考え方を重視して取り組んでいればよいのです。
私たちは、受験のテクニックにとどまらず、多角的なものの見方、捉え方がいつの間にか身につくような学習の手助けをします。そのような見方さえ身につけば、神戸大学の入試数学にはおもしろくて味わい深い問題が多く含まれていることがわかってきます。その結果、楽しみながら勉強を進めて、大きな成果をあげることができるのです。
古文科 菅野 三恵
『徒然草』に「あやまちはやすき所になりて必ず仕る事に候ふ」という部分がありますが、受験勉強も同じです。難解な部分、特殊な部分には目がいきやすく、細心の注意を払う人が多いのですが、実は、ミスが起こりやすいのは、一見たやすく見える部分です。そういう部分は、後で見直すと「わかっていたのに」と思うような箇所ですね。古文なら、助動詞や敬語などがそれにあたるでしょうか。
そういう時に「わかっていたからいいや」と自分に甘くなってはいけません。いくらわかっていても、答を間違ってしまったら、「わかっていない人」と同じ結果です。基礎力を軽んじている人に、応用はできません。これは大学に入ってから、あなたがどの分野に進んでも実感することでしょう。神戸大の古文はたしかに難しいものですが、基礎力の集積によって必ず合格できるレベルに到達します。来年は、キャンパスから海をながめて、「あやまちはやすき所になりて必ず仕る事に候ふ」と言っている自分をイメージして、たゆむことなく一緒に頑張りましょう。