首都圏

デジタル案内書
現役フロンティアクラスへの
入学ご希望の方
入学希望の方はこちら 入学申込・診断テスト申込・診断テスト結果確認・認定レベル確認は上のボタンから
公開体験授業のご案内現役フロンティアの質の高い授業を体験できる「公開体験授業」を実施しております。
詳しくは上のボタンから
ログイン・マイページはこちら マイページ、各種お申し込み、
会員専用情報はアイサム・クラブから!
駿台生マイページもこちらから
 新規会員登録はこちら 駿台生マイページ初回登録はこちら
資料請求はこちら
2013年度入試 駿台生合格実績
SUCCESS VOICE 2012

Sα(東大・難関大)コース 講師紹介 高1クラス

英語

スーパーα英語
スーパーα英文法
【週1日150分(50分×3)全32週】
【週1日100分(50分×2)全32週】

田上 芳彦 先生田上 芳彦 先生 お茶の水校担当

◆プロフィール◆
Sαコース開設当初から、高1・高2Sαの教材執筆とお茶の水地区での授業を一貫して担当。駿台では、高1から高卒最上位クラスまで幅広く担当。「ウィズダム英和辞典」(三省堂)編集委員。

英語が得意な皆さんなら大学入試の英文でも辞書を使えば「だいたいのこと」はわかると思いますが、逆にところどころに「読みづらい箇所」もいくつかあるはずです。この講座ではその「読みづらい箇所」を集中的に取り出した精読教材「スーパーα英語」を使って、英文を丁寧に読む技術と細かいところまでわかる楽しさを知ってもらいます。
高橋 アキラ 先生高橋 アキラ 先生 吉祥寺校・自由が丘校・立川校担当

◆プロフィール◆
山形県出身。一橋大学法学部卒業。予備校講師こそが天職と確信し、生徒の成績を「爆発的に」伸ばすことが何よりも楽しみ。

極論するなら英語に学年は関係ありません。現時点で英語にかなりの自信を持つ皆さんなら、大学入試に必要な知識の大半をこれからの1年間で習得することが可能なのです。授業(予習・復習は結構ハード)に出席してその内容をきちんと身に付ければ、高1終了時には普通の高校3年生(受験生)が逃げ出すほどの学力が付くことをここに約束します。1年生なのに有名大学の入試問題が解ける感激・快感を是非味わいましょう!
原嶋 修司先生原嶋 修司 先生 お茶の水校・千葉校担当

◆プロフィール◆
東京都出身。生徒ひとりひとりの反応をつぶさに捉えながら、懇切丁寧な指導で現役生、高卒生を問わず高い人気がある。「英語の本質をついた明快な授業のおかげで英語力が身についた」という声が毎年多数寄せられる。

本当の意味での“英語読解”というのは、単語と熟語と文法の知識の総和ではありません。英語特有の表現の背後にある法則や歴史を知れば、英語の理解に奥行きが増すでしょう。文章で扱われているトピックに関連する背景知識を知れば、読解に広がりが生まれるでしょう。それこそが本当に知的な読み方なのです。上位大学が求めているのも、壁を越えて色々な方向へ広がっていくことのできる思考力。参考書に載っている知識を足し算するだけでは得られないそうした「+α」をこそ、私は皆さんに学んでもらいたいと思います。
水田 律子先生水田 律子 先生 津田沼校担当

◆プロフィール◆
山口県出身。『論理的思考を促し、学習意欲を喚起する授業』がモットー。丁寧な分かりやすい授業で、授業後のフォローも手厚く、高校低学年の生徒から高卒生まで幅広い人気がある。

皆さんの英語知識は、しっかりとした土台の上に成り立っていますか?個々の知識が断片的な浮遊物である限り、必ず壁に直面してしまいます。このコースでは、難問に取り組みつつも基本事項の確認を怠らず、強固な土台作りを目指します。時には視点を変えながら英語の仕組みを整理し、知識と知識をリンクさせ、隙間を埋めていく。この行程を経て、皆さんの英語力は驚くほど飛躍するはずです。一緒に頑張りましょう。
数学

スーパーα数学ⅡB
【週1日150分(50分×3)全32週】

鳥羽 博 先生 鳥羽 博 先生 お茶の水校・横浜みらい校担当

◆プロフィール◆
時に優しく、時には厳しく、わかるまでとことん付き合ってくれる。そんな情熱が駿台生には心の支えとなっている。駿台では高1から高卒クラスを担当。

駿台は、受験テクニックばかり教えるところではないし、パターン学習させるところでもありません。精選された良問一つひとつとじっくり向き合い、単に解けたかどうかで一喜一憂することなく、別解も含めた数多くの切り口を考える習慣を身につけることを目的として授業を行います。皆さんの中に生まれた新しい思考回路が難問に出会ったときの助けとなるようにと。そんな練習は、早く始めたほうがいいですよね。しっかり予習して授業に臨んでください。
奥本 望先生奥本 望 先生 池袋校・立川校担当

◆プロフィール◆
大阪府出身。高校入学後に、どんな質問にもうれしそうに応じてくれた先生のおかげで数学だけは勉強するようになる。「生徒の人生を変える」授業を目指して日々奮闘中。

あたりまえのことですが,Sαコースに在籍しているだけでは数学の力はつきません。Sαの授業にただ出席しているだけでも数学の力はつきません。自分の手を動かし自分の頭で考えて問題を解かないと力はつかないのです。数学には十分に時間をかけてほしいと思います。数学ⅡBは数学ⅠAよりもずっと難しくて量も多いです。次々に新しいことが出てきますし,覚えなければならないこともたくさんあります。大変ですが「復習をきちんとしてから次の授業を受ける」ということを1年間継続してください。みなさんにとって数学が,今まで以上に「興味をもって楽しく勉強できるもの」になるように私もがんばります。
築舘 一英 先生築舘 一英 先生 自由が丘校担当

◆プロフィール◆
中1から高3・高卒まで幅広い学年について、主に最上位クラスを担当。最難関の大学合格への道筋をはっきりと見据えて、学年に応じた授業を行う。特に、数学が好きな学生からの支持が多い。

中高一貫の学校で中3から高校数学を学んでいる人は、高2までの早い段階で高校数学を完成させ、受験対策に十分に時間がとれるというメリットをもつ一方で、次のようなリスクをもっています。すなわち、高校生になるという意識が希薄で、いつまでも中学生レベルの勉強を続けた結果、進度が速いだけでまったく内容が消化できていないという事態に陥りやすい、ということです。授業では、最難関の大学を目指す「高校生」として、どのような学習をしていくべきかを示しています。レベルが高く、内容も豊富なので、決して楽な授業ではありませんが、この時期にきちんと努力した学生は、受験でとてもよい結果を残しています。やる気と努力する意思のある学生の受講を期待しています。

スーパーα数学ⅠAⅡB
【週1日150分(50分×3)全32週】

吉原 修一郎 先生吉原 修一郎 先生 お茶の水校担当

◆プロフィール◆
高校生の時に近所の中学生に数学を教えて以来、数学の指導に携わる。日々の目標は「自分自身の成長」、日々の楽しみは「最愛の息子・娘の成長」。

高校数学の内容はとても豊かで奥が深いため、今まで数学が得意科目だった人も謙虚に真面目に勉強していかないとすぐに落ちこぼれてしまいます。毎回万全の体調で授業に臨み、復習を確実にするというサイクルを一年通して崩さないことが大切です。数学はやはり難しいです。楽をして難問がすらすらと解けるようになることはあり得ません。まずは将来に備えて「正しい下地」を作ることから始めましょう。
国語

スーパーα国語
【週1日150分(現代文75分+古文75分)全32週】

柳澤 幹夫 先生柳澤 幹夫 先生 お茶の水校 現代文担当

◆プロフィール◆
国公立・私立を問わず各大学の入試問題に精通しており、優しく丁寧に指導する授業には定評がある。駿台では高卒クラス理系・医系・文系から高1クラスまで幅広く出講している。

現代文の読解力にとって第一に大事なことは、文章をきちんと読む習性そのものを身につけることです。これには相応の時間が掛かります。また、どう読めばきちんと読めたことになるのか、それを実践的に学んでいく必要があります。〈どこに何がどう書いてあるか〉、これがクリアに見える時、設問の解答もクリアに浮かび上がって来ます。訓練が必要です。早く始めるに超したことはない。国立大、難関私立大を中心とした精選問題で頂上への基盤をしっかり築きましょう。
三輪 純也 先生三輪 純也 先生 横浜みらい校 古文担当

◆プロフィール◆
現役Sαコース、高卒スーパーコースに出講し、高1から高卒クラスまで幅広く担当。講習では高1東大国語をはじめ多くの講座を受け持つ。熱心で親しみやすい授業のファンが多くの校舎に存在する。

東大をはじめとする難関大学への現役合格を目標とし、そこから逆算して高校一年生のうちに身につけておかなければならないことを徹底指導します。前期は、古文未修者にも古文既修者にも同様に重要な基本文法のマスターを目指し、後期は、基本文法を踏まえた上で、少しずつ長い文章を現代語訳できるよう訓練していきます。この講座を信じてついてきてくれれば、一年後には、(古語辞典さえあれば)どんな古文でも自分の力で現代語訳できるようになっていることでしょう。
理科

スーパーα物理
【週1日150分(50分×3)全32週】

高橋 法彦 先生高橋 法彦 先生 お茶の水校担当

◆プロフィール◆
群馬出身。学生時代にはレーザー物理、光計測を専攻。大学院在学中から駿台の教壇に立ち、現在は関東近辺で講義を展開。

問題を解き散らかすだけでは物理の力は伸びません。高1のうちに皆さんに身につけてほしいのは、基本原理から出発し、様々な法則を経て問題の解決へと至る「物理の考え方」です。そのために高級な数学も使用しますが、粘り強さと集中力のある諸君ならきっと本講座を実力向上への大きなステップアップにできるはずです。なお、学習効率を考えて、「物理基礎」と「物理」を境界なく学習していきますが、必要事項は授業中にきちんと解説します。

スーパーα化学
【週1日150分(50分×3)全32週】

伊勢 義仁 先生伊勢 義仁 先生 お茶の水校担当

◆プロフィール◆
都内進学校で劣等生として過ごす。しかし独自の学習法で難関国立大へ進学。現在医療現場で診療に従事する傍ら予備校で指導にあたる。出来ない学生の思考を熟知している。

化学の楽しさは「今そこにある現象の謎」を一つひとつ紐といていく過程にあると思います。この講座で化学を学べば不確かな情報であふれる世の中を、きっと違った目線で見る事ができるでしょう。皆さんに望むのは、より貪欲に、より積極的に難問にぶつかる勇気。はじめから出来る人はいない、僕にくらいついていく位の気持ちで参加してください。受験なんかで燃えつきない「真の力」を約束します。