デジタル案内書
現役フロンティアへの
入学ご希望の方
入学希望の方はこちら 入学申込・診断テスト申込・診断テスト結果確認・認定レベル確認は上のボタンから
公開体験授業のご案内現役フロンティアの質の高い授業を体験できる「公開体験授業」を実施しております。詳しくは上のボタンから
ログイン・マイページはこちら マイページ、各種お申し込み、
会員専用情報はアイサム・クラブから!
新規会員登録はこちら・駿台生マイページ初回登録はこちら
資料請求はこちら
駿台生合格実績
SUCCESS VOICE ~合格者喜びの声~
数学 カリキュラム紹介

高1クラス

現役フロンティアの数学は、皆さんの学習状況に応じて選択できるよう複数のコースを設置し、高1から早期に準備を始めることで目標大学現役合格をめざします。

大学入試にとって数学はとてもウェイトの高い教科です。理系の大学を志望する人はもちろん、文系の大学を志望する人にとっても、数学が苦手という人が多い中で、ライバルに差をつけるためにもしっかりと学習し、数学が得点源になるようにしておきたいところです。そして、数学の学習は積み重ねが大切です。小学校の算数、中学校の数学の内容をおろそかにしては、高校数学を深く理解することができません。これまでの皆さんの習熟状況を無視して、無闇に難しい問題をやろうとしたり、いたずらに問題数だけをこなすような学習では、大学入試レベルに到達することはとても難しいのです。こうしたことから現役フロンティアでは、基本を大切にして、自らものを考える力をつけることを重視しています。

数学の進度や学習項目は高校によってまちまちで、すべての皆さんの高校に合わせることはできません。現役フロンティアの数学のカリキュラムは、もっとも一般的な学習進度をもとに、1年間で学習する内容をもっとも効率よく学習できるように編成しています。また、その内容も教科書レベルにとどまらず、やや発展的な内容も含め、大学入試に照準を合わせたものになっています。
現役フロンティアの数学の授業は、問題演習を通してその問題の解法を学ぶだけでなく、問題の背景にあるもの、体系化された概念、自らの力で解法を導き出す考え方、そしてそれを答案としてどう表現していくかということを学習します。現役フロンティアの授業で得た知識をもとに、読む→考える→表現することを身につけることが、大学入試の数学ではもっとも大切なことなのです。さらに、ハイレベル数学では、独自のシステムにより、その日に学習した内容をその日のうちに確認し、学力の定着を図ることができるカリキュラムになっています。

<学習のキーポイント>
数学を学習する上で大切なことは、予習→授業→復習のサイクルを繰り返すことです。予習をしないで―つまり自分の頭でその問題を考えることなく―問題の解説を聴いても、その解法を使いこなすようになることはできません。また、復習をおろそかにすると全く同じ主旨の問題が出題されても解けないでしょうし、その解法を他でどう生かせるかを自分自身で考えることもできないと思います。復習では、その問題に対して"どういうプロセスで考えるのか"を大切にしてほしいと思います。