ログイン・マイページはこちら マイページ、各種お申し込み、
会員専用情報はアイサム・クラブから!
新規会員登録はこちら・駿台生マイページ初回登録はこちら
資料請求はこちら
緊急のお知らせ
自然災害による交通遮断時の授業運営・模試実施等についてのお知らせは緊急のお知らせこちらから
全国入試模試センター
全国入試模試センター 東京本部 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-33-2 0120-77-2459 電話受付時間/ 月~土 9:30~17:00(日・祝を除く)
中2・中3駿台全国模試以外の
中学生対象テスト問い合わせ先
駿台中学生テストセンター
TEL:03-3359-9780
中学生対象(駿台 中学部へ)

駿台ハイレベル模試とは

駿台ハイレベル模試の特長

特長1全国屈指のハイレベルな母集団

難関大学を目指す受験生にとって、模擬試験を受験して日々の学習成果を定期的に確認できることは重要な意味があります。『駿台全国模試』は本番に匹敵するハイレベルな母集団の中で、学習到達状況と、志望集団内での位置を自己分析することが可能な模擬試験ですので、学習計画の修正や出願校・併願校の選定にも役立ちます。

東京大学 京都大学

特長2応用力を問うオリジナル問題

難関大学の入試問題は、単なる暗記やフィーリング、テクニックだけでは対応できません。駿台のハイレベル模試では基本を重視しながらも、入試に必要な応用力―思考力、判断力、洞察力、発想力、表現力、等々―を問う正攻法のオリジナル問題を中心に出題しています。

特長3詳細で必要十分な『解答・解説集』

模擬試験の『解答・解説集』は、復習を進める中で疑問点の解消や重要ポイントの把握ができるように、詳細かつ十全な解説を行っています。受験後も問題を繰り返し復習し、考察することで確固とした基礎力と入試に必要な応用力を身に付けることができます。

特長4難関大入試動向をいち早く分析し提供

高3生対象『駿台全国模試』を中心とした模試結果をもとに、次年度の東大、京大、医学部医学科などをはじめとした難関大の入試動向を詳細に分析し、その結果を7月の「第1回難関大学入試研究会」、11月の「第2回難関大学入試研究会」などを通じて高校の先生方にお伝えいたしております。大学別入試実戦模試だけでは捉えきれない複数の大学にまたがる複雑な変化(例えば、国公立大学の前期一本化による前後期併願パターンの変化や、各地区の地元志向の増加)についても、先生方の受験指導に必ずご活用いただけるようなデータや分析結果をご提供いたします。

難関大学入試動向

受験人口(大学・短大を志願する人数)は、ピークであった1992年度には121.5万人を超えていましたが、その後の少子化の影響で2017年度は72.7万人まで減少しています。これに対して、大学入学定員は、近年もわずかながら増加しており、志願倍率は約1.1倍と大学を選ばなければ誰もが大学に進学できる、いわゆる「大学全入時代」に突入しています。
一方で「大学の二極化」といわれるように大学間の人気や難易度の差は拡大する方向にあります。図1は難関国立10大学(北大、東北大、東大、東工大、一橋大、名大、京大、阪大、神戸大、九大)の2001年度以降の前期日程の志願者数推移を表したものです。2001年度を100とする指数で見ると、2017年度は、受験人口は81と20%近くも減少していますが、志願者数は100とほとんど変化がありません。受験人口の減少を考えると、難関大学を志望する受験生の割合はむしろ上昇傾向で、今後も競争がなくなることはありません。しかし、募集人員は10%以上も増加しており、難関大学にチャレンジするには絶好の機会であるともいえます。
そして、このような難関大学志向の高まりに呼応するように、伝統ある駿台全国模試も確実に受験者数を伸ばしてきました。中2から高3・卒生対象の駿台全国模試の総受験者数を見ると、2001年度の15.4万人から2017年度は31.7万人と2倍以上になっています。

受験人口と大学入学定員の推移

大学入試改革と駿台全国模試

駿台全国模試受験者数推移

2020年度(2021年度入試)からの大学入試改革においては、センター試験に替わって、「大学入学共通テスト」が導入されます。この新しいテストでは、右図に示したような学力の3要素への評価において、従来の「知識・技能」を中心した評価から、「思考力・判断力・表現力」の評価に重点をおくことに変わります。そのために、国語と数学①(数学Ⅰ、数学Ⅰ・A)においては、従来のマーク式の問題に加えて、記述式の問題が導入されることになります。すると、国立難関大学の個別(2次)試験では、今まで以上に高度な記述力・論述力を要求する出題となることが予想されます。
なぜ、今この改革が必要なのでしょうか?それは、今後のグローバル化の急速な進行の中で、ますます「主体性・多様性・協働性」に富んだ人材が求められるからです。その基盤には、確かな「思考力・判断力・表現力」の裏付けが必要です。多くの高等学校で低学年から「駿台全国模試」を採用していただいている理由がそこにあります。つまり、高等学校で学んだ知識・技能をもとに「考える力」を養い、与えられた条件の中で「記述できる」表現力を養うことができる唯一の模試だからです。
新しい大学入試制度が始まるまでいよいよあと3年です。難関大学突破のために駿台が培ってきたノウハウを結集した「駿台全国模試」の受験による成績データの蓄積によって、新しい大学入試へ万全の対策としていただきたいと思います。