神戸校

神戸校 神戸校は平成4年に開校し、阪神淡路大震災を乗り越え今年で26年目となります。
JR三ノ宮駅から徒歩1分というアクセス抜群の立地に加え、850席以上の自習室環境。
駿台を代表する実力講師による「本物」のライブ授業に、一人ひとりに寄り添った親身の学生指導。そして何より同じように高い目標を持ってそれを乗り越えようとする「仲間」。

<神戸校の自習室> 席数、種類も豊富
・個別ブース型(3フロア)
・プレミアムコース生専用
・現役生専用
・女性専用(壁紙はミッキー)
・リスニング専用、音読専用、弱冷暖房自習室、センター対策自習室

駿台の集団授業は、最終的にどこまでの力が求められているのかを考えた上で、今の時点でどこまで到達している必要があるのかを逆算してカリキュラムを組み立てています。そして、苦手・弱点をフォロー&補強する基礎力アップカリキュラムメニューも豊富です。
第一志望合格めざして、一緒にがんばりましょう!

校舎案内

所在地
〒651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-5-10
電話番号
0120-15-2418(フリーダイヤル)078-241-1100(代表)電話受付時間/10:00~19:00*日曜・祝日は10:00~17:00

※日曜・祝日は休館の場合がございます。
事前にお問い合わせください。

アクセス
三ノ宮駅北側【A】 地下鉄「三宮」下車、東出口②北東へ徒歩約2分【B】 JR「三ノ宮」下車、東口を出て北へ徒歩約1分【C】 阪急「神戸三宮」下車、東口を出て北東(JR東口方面)へ、JR「三ノ宮」東口より北へ徒歩約1分【D】 阪神「神戸三宮」下車、地下出入口を出て北(JR東口方面)へ、JR「三ノ宮」東口より北へ徒歩約1分【E】 ポートライナー「三宮」下車、北へ徒歩約2分乗換ナビ

イベント情報イベント一覧

実施日 対象 タイトル
12・1月 高1 高2 高3 高卒 中2 中3 保護者 【関西地区】2018/2019 WINTER FAIR 【実施校舎】京都・京都南・京都駅前・大阪・茨木・豊中・大阪南・上本町・堺東・神戸・西宮北口・西大寺 【実施会場】(詳細は上記リンクからご確認ください)
11~2月 高3 高卒 第2回京大入試実戦模試解説授業(個別視聴授業) 【実施校舎】札幌・仙台・お茶の水・市谷・池袋・自由が丘・吉祥寺・立川・町田・大宮・横浜1号館・横浜2号館・横浜みらい・あざみ野・藤沢・千葉・津田沼・柏・名古屋・丸の内・浜松・京都・京都南・京都駅前・大阪・茨木・豊中・大阪南・上本町・堺東・神戸・西宮北口・西大寺・広島・福岡 【実施会場】(詳細は上記リンクからご確認ください)
12・1・2月 高3 高卒 第2回東大入試実戦模試解説授業 【実施校舎】札幌・仙台・お茶の水・市谷・池袋・自由が丘・吉祥寺・立川・町田・大宮・横浜2号館・横浜みらい・あざみ野・藤沢・千葉・津田沼・柏・名古屋・丸の内・浜松・京都・京都南・京都駅前・大阪・茨木・豊中・大阪南・上本町・堺東・神戸・西宮北口・西大寺・広島・福岡 【実施会場】(詳細は上記リンクからご確認ください)
12・1月 高1 高2 中3 現役フロンティア 3学期入学説明会 【実施校舎】京都・京都駅前・大阪・茨木・豊中・上本町・堺東・神戸・西宮北口・西大寺 【実施会場】(詳細は上記リンクからご確認ください)
12/23・24 中1 中2 中3 保護者 中学生と保護者のための進学講演会 【実施校舎】京都駅前・豊中・上本町・堺東・神戸・西宮北口・西大寺 【実施会場】(詳細は上記リンクからご確認ください)
1/1 高3 高卒 2019年元日イベント 駿台リハーサルセンター試験 【実施校舎】京都・大阪・大阪南・上本町・神戸・西大寺 【実施会場】(詳細は上記リンクからご確認ください)
2月 高2 センター試験解説授業 New 【実施校舎】京都駅前・大阪・茨木・上本町・神戸・西大寺 【実施会場】(詳細は上記リンクからご確認ください)
京都大
林 直仁さん
姫路西高等学校
E判定でも受かります
初めはついていけるか不安でしたが、授業は難し過ぎることはなく、とてもわかりやすいものでした。また、模試ではずっとE判定だったのですが、クラス担任に大丈夫だと励ましてもらったこともあり、最後まで諦めることなく合格できました。皆さんも模試の判定が悪くても気にし過ぎず、最後まで粘って合格を勝ち取ってください。

神戸大
藤野 佑紀さん
星陵高等学校
駿台に入学して良かった
駿台では、質の高い授業、クラス担任の丁寧な面談での指導、空調が整った清潔な自習室など、勉強をするための環境が整っていました。そのおかげで最後まで諦めることなく勉強を続けることができました。結果、受験校全てに合格しました。本当に駿台に感謝しています。

京都大
武村 翔吾さん
兵庫高等学校
確固たる意志の導き
悲しみの涙で終わったあの日から1年、僕の袖は再び涙に濡れた。喜びと共に。ここで僕が一番伝えたいのは、何に対しても揺らぐことのない確固たる自己を持つことである。すなわち、自分を信じ突き進んでいくことである。ほかの学生や模試の結果に揺さぶられてはいけない。他者に構うことなく、己を見つめ刻苦勉励することが成功への道なのだ。