2017年度入試
出題分析と入試対策
  北海道大学 化学

過去の出題内容

2017年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 電気陰性度、熱化学
理論

Ⅱ 化学平衡、反応速度、混合気体、蒸気圧

2 理論・無機 Ⅰ 鉄、電気分解、濃度
理論 Ⅱ 電気分解、状態変化
3 有機 Ⅰ 脂肪族化合物
有機 Ⅱ 合成高分子化合物、アミノ酸

2016年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 反応速度
理論 Ⅱ 気体、蒸気圧、状態変化
2 理論・無機

Ⅰ アルミニウム、電気分解、熱化学、結晶格子

理論・無機 Ⅱ 炭素、原子量、熱化学
3 有機 Ⅰ 脂肪族化合物
有機 Ⅱ アミノ酸・ペプチド

2015年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 電気分解
理論 Ⅱ 気体、電気分解
2 理論・無機 Ⅰ 11族元素、結晶格子、物質量
理論 Ⅱ コロイド、浸透圧
3 有機 Ⅰ 基本的な有機化学反応
有機 Ⅱ 油脂、セッケン、洗剤

出題分析

分量

例年大問3題からなるが、各大問がⅠ、Ⅱに分かれている場合が多く、実質的には6題から構成されているのが一般的な形である。問題量は多く、解くのに時間がかかる。最近は、時間内に全て解くのはほぼ不可能だと思われるほど分量が多い。

難易度

基本的には、高校化学の内容を中心とした標準的なレベルの問題が出題されることが多いが、ここ数年は難易度が高めの問題も目立つようになり、2017年度は特に難易度が高かった。しかし、難問が出題された場合でも、難問は正答率が低くて差がつかないため、合否は標準レベルの問題の出来で決まると考えられる。

内容

理論分野は、化学基礎・化学の全般から広く出題されている。
無機分野は、他分野から独立して出題されることもあるが、理論分野の内容と融合させて出題されることもある。
有機分野は、他分野から独立した出題が主である。天然有機化合物、合成高分子化合物などからもよく出題される。

入試対策

教科書を中心とする基本的な内容を正確に理解し、標準からやや難しめの問題を何度も解いて練習するという、あたりまえの対策が最も有効である。全範囲から広く出題される傾向にあるので、教科書の後半で学ぶ範囲も含めて苦手な分野を残さないようにしたい。分量が多いので、全ての問題に時間をかけるのは困難である。時間を計って過去問を解き、できる問題から順に解けるよう、時間の使い方も含めて練習しておくとよい。

《理論分野》

原理や法則を一通り学んだ後は、標準的な難易度の問題集を解き進めればよい。繰り返し何度も練習して、何も見ずに短時間で解けるようになることを目標にしてほしい。問題量が多いので、速く解けるようになると高得点につながる。

《無機分野》

まず、教科書の内容を中心とする、覚えなければならない事項を正確に覚え、反応式が書けるように確実に練習する。その後問題集で練習する。解くのにあまり時間のかからない問題が多いので、ぜひ得点源にしてほしい。

《有機分野》

まず、教科書の内容を中心に、反応、性質、検出法などを正確に覚える。その後問題集で練習する。天然有機化合物、合成高分子化合物などの分野は対策が不十分になりがちであるが、よく出題されているのでしっかりと学習すること。平易な問題が出題されることもあるので、苦手意識を持たずに学習しておくとよい。
※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。