2017年度入試
出題分析と入試対策
  東京大学 化学

過去の出題内容

2017年度

番号 項目 内容
1 有機 脂肪族エステルの構造決定、合成高分子
2 無機・理論 Ⅰ 金属イオンの分析、溶解度積
Ⅱ 窒素化合物
3 理論 Ⅰ 鉛蓄電池、電気分解
Ⅱ アンモニア生成の平衡反応

2016年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 固体の溶解度
Ⅱ 気体と蒸気圧
2 理論・無機 Ⅰ 分子の形、結晶構造、酸化還元、凝固点降下
Ⅱ アルカリ金属の性質、クラウンエーテルの錯体
3 有機 Ⅰ 芳香族化合物の構造決定、実験操作
Ⅱ 天然物、化学平衡

2015年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ CO2の性質と状態変化
Ⅱ 酢酸の電離平衡・中和反応
2 理論・無機 Ⅰ 酸化還元反応を応用した銅の定量分析
Ⅱ ハロゲンの反応とそれを応用した水の定量分析
3 有機 Ⅰ 脂肪族化合物の性質と反応
Ⅱ 芳香族化合物の性質と反応

2014年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 水素ガスの製造と貯蔵(熱化学、イオン結晶)
Ⅱ H2+I2→2HIの反応経路(反応速度、化学平衡)
2 理論・無機 Ⅰ 酸化還元滴定、気体の発生法と性質
Ⅱ イオン化合物の水への溶解性の熱化学的考察
3 有機 Ⅰ 糖類の反応と性質
Ⅱ 合成高分子(ナイロン66と温度応答性高分子)

2013年度

番号 項目 内容
1 理論・無機 Ⅰ 酸塩基、電離平衡
Ⅱ 気体平衡
2 無機・理論 Ⅰ 錯体、分配平衡、電解精錬
Ⅱ 物質の結合、放射性同位体
3 有機 Ⅰ ポリマーの合成
Ⅱ アミノ酸の分離、アドレナリンの合成

2012年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 塩化ナトリウム水溶液の凝固点降下と冷却曲線
Ⅱ 高分子溶液の浸透圧、会合平衡
2 無機・理論 Ⅰ イオン結晶とイオン半径、格子エネルギー
Ⅱ 種々の錯体の形、異性体、モル計算(滴定)
3 有機 Ⅰ L-チロキシンの多段階合成(試薬、分離、異性体)
Ⅱ 単量体と高分子の構造、性質

2011年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 電気陰性度と極性(定量的扱い)
Ⅱ 電離平衡に関する速度論的考察
2 無機・理論 Ⅰ Ca2+の定量分析(反応、滴定、物質量計算)
Ⅱ 電解によるNaOHの製法(電極反応、溶解度etc)
3 有機 Ⅰ 環状不飽和炭化水素の構造決定
Ⅱ 酸無水物の反応

2010年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ メタンハイドレート(種々の計算、平衡)
Ⅱ 酵素反応の速度式、濃度と速度の関係
2 無機・理論 Ⅰ リチウムイオン電池(反応、物質量計算)
Ⅱ Pd2+の錯イオン生成(反応、異性体など)
3 有機 Ⅰ ヒドロキシ酸の構造決定
Ⅱ 多段階分配操作による有機物の分離

2009年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 鉄の酸化反応関連(反応式、種々の計算)
Ⅱ 炭化水素や高分子の燃焼熱関与の熱化学計算
2 無機・理論 Ⅰ ガラス中の金属元素の分析、溶解度積
Ⅱ 同位体と物質の相対質量、存在比
3 有機 Ⅰ ジエステル(主に環状)の構造決定
Ⅱ 立体配座異性体のエネルギー的安定性

2008年度

番号 項目 内容
1 理論 Ⅰ 反応熱測定と熱化学、氷⇄水の体積変化
Ⅱ 酸化銀電池(電極反応、計算)
2 無機・理論 Ⅰ ハロゲンの反応、I2の分配平衡
Ⅱ NOxの除去法、反応
3 有機 Ⅰ 酢酸エステルの構造決定
Ⅱ ステロイド骨格をもつ化合物の多段階酵素反応

出題分析

分量

2016年までは理論・無機・有機の各分野から大問が3問、各大問はさらにⅠ・Ⅱの2つのテーマ問題に分かれ、合計6題出題されてきた。また、内容を読み取るのに時間を要する、目新しいテーマや化学実験に関する問題が多く取り上げられ、思考力・洞察力を要するハイレベルな問題や複雑で面倒な計算問題が含まれていた。このため、記述量、計算量は相当なもので、制限時間(2科目で150分)内での完答は極めて難しかった。
しかし、2017年は有機分野の大問は1題だけで合計5題に減少し、全体として目新しいテーマを取り扱った問題や難解な問題がなく、オーソドックスな設定の問題が多くなり、問題文自体も短く平易で読み取りやすかった。したがって、これまでに比べて制限時間内での完答が十分に可能になった。

パターン

東大の場合、小問集合の形で出題されることはまずない。例年であると、目新しいテーマや化学実験に関して、正誤問題や選択問題は少なく、記述・論述型で出題される場合が多い。また、ほとんどの場合、第1問が理論、第2問が無機・理論の融合、第3問が有機という形で出題される(ただし、2017年は、第1問が有機、第2問が無機・理論の融合、第3問が理論という形に変更された)。さらに、それぞれの大問が異なる題材を扱ったⅠ、Ⅱの2つのテーマ問題に分かれている(ただし、2017年は第1問の有機のテーマ問題は1つだけになった)。そして、大問1題あたりに10題前後の小問が用意されている。計算問題に関しては答えを導く過程を書かせたり、いろいろな現象に関しては字数制限つき(~字以内あるいは~字程度)の理由説明を求めるなどの記述・論述が多い(ただし、2017年の記述・論述問題には字数制限がなかった)。
答案用紙は、理科すべてに共通で、単に罫線が引かれているだけなので、はじめて目にしたときには使い方に戸惑うかもしれない。縦に線を引いて2段にしても、ワクを書いて区切っても、問題文の指示にしたがって解答を記す限り、どのように使ってもかまわない。

内容

旧課程前は、高校の教科書の記述に沿った頻出問題の中でも特に難しい内容のものが扱われるケースが多かった。しかし、旧課程になってからは、化学工業上の問題、資源問題、環境問題、実際の研究上の問題などに関連して、受験生にとっては目新しいテーマや複雑な物質系、反応系、実験系を素材として取り上げ、それについての詳細な説明を加えて考えさせる新傾向の思考型の問題が多く出題されるようになった。現行課程になった2015年以降はオーソドックスで標準的な設問もかなり出題されるようになり、2017年は特にその傾向が顕著であった。
例年、第1問の理論化学(2017年の場合は第3問)では、旧課程以前は物質の状態や反応の理論からの出題が主で、物質量計算、反応速度、化学平衡、蒸気圧などを絡ませた気体に関する問題が多く取り上げられ、それが東大化学の特徴の1つでもあった。例えば、2005年の気相平衡、2004年の理想気体と実在気体、2003年の気相速度などの問題がこれに該当する。ところが、旧課程に入ってから(つまり2006年度以降)は、そのような気体反応の関係した問題が姿を消し、1つの実験や論文をテーマにした理論分野の総合問題が扱われるようになった。その中で、構造(結晶格子など)や希薄溶液の性質、熱化学、電離平衡などに関する内容が出題されてきた。例えば、2014年のⅠは、地球にやさしい燃料の候補として注目されている、水素ガスの製造・貯蔵をテーマにしていたが、おもに熱化学の計算とイオン結晶に関する総合問題であった。例年の第1問は、思考力、情報処理能力、計算力を試す問題が多く扱われ、知識よりも問題を読み解く力が必要である。したがって、特別な対策は不要で、理論化学の基本が深く理解できてさえいれば解答できる。
例年、第2問の無機化学・理論化学の融合問題では、日常生活や環境問題に関連した無機物質を素材に使い、それらの分離もしくは分析をテーマにしている。酸化還元反応、沈殿・錯イオン生成反応、初見の特殊な反応、電池・電気分解などを扱う新傾向の問題が多く出題されてきた。例えば、2016年のh-BNシートの電気絶縁性、2015年の酸化還元反応を応用した銅の定量分析、ヨウ素の特殊な反応を応用した水の定量分析、2010年のリチウムイオン電池、2009年のガラスの分析、2007年の無電解メッキ、アルミノケイ酸塩(ゼオライト)などの問題がこれに該当する。いずれの問題の場合でも、解答するためには無機物質の性質や反応に関する推察力が必要とされるので、無機化学に関する知識を単に暗記しているだけでは対応できない(ただし、2017年のⅠはよくある金属イオンの系統分離に関する問題で、沈殿・錯イオン生成反応の知識だけで十分に対応できた)。なお、2008年に後期入試での化学の出題がなくなってからは、無機分野と関連して、結晶格子や様々な平衡系(化学平衡・溶解平衡など)が絡んだ理論的な問題も、第2問で出題されるようになった。例えば、2014年のイオン結晶の水への溶解性、2013年の金属結晶と分配平衡、2012年のイオン結晶の格子エネルギーなどの問題がこれに該当する。したがって、これらのテーマに関しては、頻出の電池・電気分解とともに、深い理解に基づく発展的な学習をしておく必要がある。
例年、第3問の有機化学(2017年は第1問)では、2011年以前は脂肪族・芳香族化合物の種々の異性体、分離およびそれらを絡めたエステルなどの典型的な構造決定の問題が毎年のように出題されてきた。また、有機化合物の構造(結合の方向性など)、性質(沸点・融点、溶解性など)、立体異性(鏡像異性体、メソ体、ジアステレオマーなど)、有機化学実験(元素分析、反応など)と関連づけた種々の問題も出されてきた。ただ、有機化学の基礎知識の定着度を試そうとする設問が大部分であったため、例年の第1問・第2問に比べて少しやさしめの問題が目立った。ところが、近年(2015年、2017年を除く)では、アドレナリン、五糖を単量体とするポリマー、ポリアミド、温度応答性高分子、ポリイミド、L-チロキシン、吸水性ポリマー、グルタチオン、ステロイド系化合物など、天然物、合成高分子化合物と関連づけた特殊なテーマを扱った思考型の問題が出題されるようになり、2012年から2014年までの3年間は典型的な構造決定の問題が一旦姿を消していた。このため、難易度も高くなっていた。思考型の問題に対応するには、問題文から題意をくみ取っていける基礎学力とともに、糖、アミノ酸・タンパク質、油脂、合成高分子の構造や性質(反応性)に関する基本的な知識、および立体異性に関する深い理解が必要となる。ただし、現行課程になってからは、2015年と2017年は、従来の、脂肪族・芳香族の反応や性質に基づいた構造決定や異性体に関する問題が出題され、2016年はテーマⅠが構造決定、テーマⅡは近年の傾向を引き継いだ天然物からの出題であった。

難易度

入試年度や問題によって難しすぎたり、易しすぎたりすることもあり、難易度に関しては必ずしも一定していないようである。なお、近年(2017年を除く)は、初見の新しい素材を使って、詳細な知識ではなく、理解力や思考力などを試す新傾向の問題が出題されているため、解法パターンをむやみに暗記していたり、高校課程を超える特別な知識をもっていたとしても太刀打ちできない場合が多いであろう。

入試対策

2017年を除くと、高校の教科書、参考書などで扱われていない新しい素材を使った、かつ入試頻出のワクを越えた新傾向の問題を出題するのが東大化学の大きな特徴であるが、これに対する入試対策として特別に必要とされるものはない。それらの問題のねらいは理解力、思考力、洞察力などを試すことにあるのだから、高度かつ詳細な知識や解法パターンをたくさん暗記するような学習法はほとんど意味をなさない。要は、日頃より実験を含めた学習の中で、化学の基本に対する深い理解に基づいて、化学的な見方を身につけ、複雑な計算にも論理的に誤りなく導いていける計算力を養う努力をする他はない。
また、新傾向の問題の場合、本文中や設問の中に解答を考える上で必要な知識や数値情報が与えられているので、文章を冷静によく読んで、それらの情報を整理しながら全体の状況を掌握する能力を養うことも大切である。実際には、状況さえわかれば、化学の基本に基づいて比較的容易に解答可能な設問が多いためである。
最後に、以上のような力を養うための具体的な手順を記す。
① 高校の教科書や予備学校のテキスト等を使って、化学の基本(法則・原理、必須知識など)を深く理解し、基礎力を身につける。
② 通常使用している問題集を使って、模範解答を単純に暗記するのではなく、①に基づいて自分の力で解答を導き出す訓練を積み重ね、応用力を身につける。
③ (①、②がある程度身についてきた段階で)東大の過去問や過去の東大実戦模試の問題を使って、問題文から冷静に状況を掌握し正確にしかも迅速に解答を導き出す訓練をして、実戦力を身につける。
あとは、たゆまぬ努力がみなさんを合格へと導くので、根気強く頑張ってほしい。
※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。