2018年度入試
出題分析と入試対策
  東京大学 世界史

過去の出題内容

2018年度

番号 出題内容
1 19世紀~20世紀の女性の活動・女性参政権獲得の歩み・女性解放運動
2 宗教の生成・伝播・変容
3 地域や人々のまとまりとその変容

2017年度

番号 出題内容
1 「古代帝国」が成立するまでのローマ、黄河・長江流域における社会変化
2 世界史における「少数者」
3 古代から現代に至る戦争の歴史

2016年度

番号 出題内容
1 1970年代後半から80年代にかけての、東アジア、中東、中米・南米の政治状況の変化
2 国家の経済制度・政策
3 世界史における民衆

2015年度

番号 出題内容
1 「モンゴル時代」における経済的・文化的交流の諸相
2 国家の法と統治
3 ユネスコの世界記憶遺産

2014年度

番号 出題内容
1 19世紀ロシアの対外政策がユーラシア各地の国際情勢にもたらした変化
2 「帝国」と周辺地域
3 人間の生産活動

2013年度

番号 出題内容
1 17世紀~19世紀のカリブ海・北米両地域の開発・人の移動とそれにともなう軋轢
2 国家と宗教の関わり
3 少数者の歴史

2012年度

番号 出題内容
1 アジア・アフリカにおける植民地独立の過程とその後の動向
2 遊牧民の歴史的役割
3 世界各地の建築や建造物

2011年度

番号 出題内容
1 7世紀~13世紀までのイスラーム文化圏の拡大にともなう異文化の受容と発展の動向と他地域への影響
2 帝国の盛衰と内外の諸関係
3 食生活と人類の生活圏

2010年度

番号 出題内容
1 オランダおよびオランダ系の人々の世界史上の役割
2 アジア諸地域の知識・学問・知識人の活動
3 世界史における歴史叙述

2009年度

番号 出題内容
1 18世紀前半までの国家と宗教(16~18世紀)
2 世界史上の都市(古代~中世)
3 18世紀~20世紀前半の宗教政治結社

出題分析

18年度の出題形式・内容と問題の特徴

分量と出題形式

過去10年間の総字数の推移
年度 総字数
2018年度 36行・1080字
2017年度 32行・960字
2016年度 32行・960字
2015年度 28行・840字
2014年度 32行・960字
2013年度 30行・900字
2012年度 26行・780字
2011年度 30行・900字
2010年度 34行・1020字
2009年度 32行・960字
2008年度 30行・900字
大問3(近年と同様)。
第1問・大論述は14年から連続の600字(20行)。(12・13年は540字〔18行〕、11年は510字〔17行〕)。
第2問の小論述の出題数は2行論述が1問と3行論述が3問、4行論述が1問。
単答式(地図上の記号選択を含む)が2問。単答式を除いてみると、16年、17年の12行・360字に対して15行・450字で、ほぼ1問分多くなった。これは10年の420字を上回って、第2問では過去最多の字数。
第3問の単答式は10問。問⑷と問⑼は複数の解答を求めている。問⑸では1行論述(30字)が出された。
第1問・第2問・第3問の論述の総字数をあわせると36行(1080字)となり、10年の34行(1020字)を上回り、東大世界史では、過去最大の字数となった。
11年と13年に第3問で出題された四択(三択)の正誤文判定問題は14年以降、出題されていない。 〈注記〉 1989年~2018年までの平均字数

時間配分

第1問:18行(540字)。
第2問・第3問(小論述):11行(330字)。
論述の平均:860字(28~29行) cf.単答式の平均:約16問
時間配分:75分程度。第1問で40~50分、第2問で20~25分、第3問で4~5分か。
【第1問】
今年の「19世紀~20世紀の女性の活動・女性参政権獲得の歩み・女性解放運動」は、2010年の一橋大学・世界史・大問Ⅱの「女性参政権実現の歴史的背景」と極めて類似したテーマで、新傾向の先駆けとなる可能性がある「社会史」的な出題である。
解答・解説でも述べるが「フェミニズム」や「ジェンダー」は、現代社会における重要テーマであるが、大学入試の世界史論述問題として扱われるのは極めて稀であり、一橋大学では出題があるが、東大入試では初めてといえる。指定語句も、一橋大学と18年の東大・第1問は「総力戦」が共通で、一橋大学が指定した「クリミア戦争」の代わりに東大は「ナイティンゲール」を指定している。ただし時代設定は、350字の一橋大学が18世紀末から20世紀前半(戦間期)であるのに対し、18年の東大は600字という字数の枠を活かして20世紀後半まで延ばしている。
とはいえ、第1問としてはかなり特殊な、また限定されたテーマなので、600字が埋まらない受験生が多かっただろうと思いきや、再現答案(合格率64.6%)の出来は想像したほど悪くなかった。
2016年が20世紀後半の政治史、2017年がローマ帝国と中華帝国の成立と発展の対比と大きく受験生を揺さぶりながら、2018年は、やはりロシア革命100周年も意識した、現代の始まりを振り返らせるテーマを選んできたというのが、問題を見たときの感想だが、驚きつつもしっかり対応した受験生が多かったというのが、再現答案を採点した感想である。
2017年のトランプ米大統領の女性への言動への反発が大きく取り上げられるなど、女性の権利についての社会的関心が、受験生の中でも高かった可能性があり、出題者にも時事的問題からその淵源に遡って思考させる意図があったと思われる。草創期のNASAにおいて、人種差別、男女差別と闘いながら、米の宇宙開発を支えた黒人女性を描いた映画『Hidden Figures』(米・2016、邦題『ドリーム』)が、2017年にトランプ大統領の発言を受けて異例の再ヒットとなった影響も、出題の背景にあったかもしれない。
【経済史】
①世界システム論・覇権国家の交代
②農業と土地制度・人口変動と移民
【国家論】
帝国の盛衰・主権国家体制の展開
②国家と宗教、法・植民地と民族問題
【異文化間の交流】
①イスラーム文化圏の拡大に伴う異文化の受容と発展の動向・他地域への影響
②モンゴル帝国の各地域への拡大過程とそこに見られた衝突・融合
【特定地域の通史】
①エジプト5000年の歴史。
②前3世紀~15世紀までのイベリア半島史
などである。
<東大世界史・第1問・大論述の時代設定>
時代 出題年(問題内容)
20世紀史 1990(10~20年代の世界各地の大衆運動)
1993(ベトナムとドイツ・分断国家の形成と統合)
1997(第一次世界大戦後の帝国の解体)
2005(第二次世界大戦が50年代の世界に与えた影響)
2012(アジア・アフリカの植民地独立の過程とその後の動向)
2016(70~80年代の東アジア・中東・中南米の政治状況の変化)
19世紀史
19~20世紀史
2008(パクス=ブリタニカと世界)
2014(英露のグレートゲーム)
1996(パクス=ブリタニカの盛衰)
2002(華僑史)
2003(運輸・通信手段の発達と帝国主義)
2018(19 ~20世紀の女性の活動・女性参政権獲得の歩み・女性解放運動)
18~20世紀史 1992(南北アメリカ・東欧・東南アジアの主権国家体制の展開)
18~19世紀史
18世紀史
1998(南北アメリカの対照的発展)
1989(近代西欧諸国と清代中国の関係)
2000(18 世紀フランス啓蒙思想の歴史的意義)
17~20世紀史
17~19世紀史
10~17世紀史
2006(戦争の拡大要因と抑制)
2013(アメリカ移民史─黒人と華僑─)
1991(イスラーム・西欧・南アジアの政治変化)
16~18世紀史
15~20世紀史
2004(世界経済の一体化)
2009(18 世紀までの主権国家と宗教)
2010(オランダが世界史上で果たした役割)
11~19世紀史 2007(歴史人口学)
13~14世紀史
7~13世紀史
1994(モンゴルの衝突と融合)
2015(モンゴルの平和)
2011(イスラームの拡大に伴う衝突と交流)
前1~後15世紀史
前3~後15世紀史
1995(地中海文明圏の対立と交流)
1999(イベリア半島の歴史)
前6~前世紀史 2017(ローマと中華文明圏における皇帝の登場)
古代~現代 2001(エジプト5000年)
第2問の特徴
今年は「宗教の生成・伝播・変容」がテーマ。宗教をテーマとした出題は2013年以来である。東大志望者の中には、時として学習が第1問の大論述に偏る傾向が見らともすれば、大論述ばかりを意識して政治史や経済史については真剣に取り組むものの、文化史や社会史の学習は疎かになりがちである。ただ、過去問をよく見てほしい(下の表を参照)。第2問では、宗教を中心とする文化史や社会変化は頻出である。2018年の第2問はすべて宗教関連の出題だったので、難易度以上に点差がついているのではなかろうか。指定語句のない小論述は、数少ない加点ポイント(要点)を外すと、得点が伸び悩むが、特に宗教史の出来はいつもよくない。一方で合格した生徒は再現答案でも確実に2桁以上の得点をしており、ここで得点差がつくのだ。
問⑴は古代インドの仏教やジャイナ教などの成立の経緯と教義の比較、バラモン教の改革思想であるウパニシャッド哲学の名称、大乗仏教の特徴を答えさせる。内容は教科書・センター試験レベルだが、出題内容に比して字数が多く、何を書くべきか受験生は困るだろう。
問⑵の地図問題と記述は標準。⒝小論述の「典礼問題」も頻出のテーマで、ここは確実に得点したい。
問⑶は問⑴の逆で、設問に比して⒜は「托鉢修道会」を説明するには字数が足りない。知識のある受験生が戸惑うというパターンの出題になっている。また⒝は「国教会成立の経緯」は平易だが、後半部の国教会に対するカルヴァン派の批判という「視点」は、国教会の特徴を正しく理解していないと答えられない。受験生には書きにくかったのではないか。本年は制限字数がアンバランスな問題が目立った。
<過去10年の出題パターンの詳細>
年度 テーマ 形式 総字数
2018年 宗教の生成・伝播・変容(古代インドの宗教、典礼問題、托鉢修道会、イギリス国教会成立の経緯) 記述×2問、
120字×1問、90字× 3 問、60字× 1 問
計450 字
2017年 世界史における少数者(ポーランド王国、「文化闘争」、シンガポールの華人、英仏の植民地抗争、米国の公民権運動) 90字×1問、60字×4問、30字×1問 計360 字
2016年 国家の経済制度・政策(イクター制、カピチュレーション、マンサブダーリー制、英仏の重商主義と蘭) 60字×4問、120字×1問 計360 字
2015年 国家の法と統治(身分制議会、律令と三省六部、第1次ロシア革命) 60 字×4問、単答式×4問 計240 字
2014年 「帝国」と周辺地域(ビザンツとトルコ、オランダと東南アジア、アメリカとベトナム) 120字×1問、60字×3問、単答式1問 計300 字
2013年 国家と宗教の関わり(ローマ帝国、魏晋南北朝、ゲルマン諸国) 60字×6問 計360 字
2012年 遊牧民の歴史的役割(フン、エフタル、マムルーク、匈奴) 60字×4問、単答式×2問 計240 字
2011年 帝国の盛衰と内外の諸関係(ローマ、明・清、アメリカ合衆国) 60字×3問、90字×1問、120 字×1問 計390 字
2010年 アジア諸地域の知識・学問・知識人の活動 60字×4問、90字×2問、単答式1問 計420 字
第3問の特徴
今年の「地域や人々のまとまりとその変容」は17年の第1問を連想させる。近年の第3問の出題傾向とは異なり、史(資)料や図版・地図を利用した設問や1行論述が出題された。出題者の工夫が感じられるが、その分、想定外に時間を取られたという受験生もいた。ここでもたつくと、第1問・第2問の論述に手が回らなくなる。問題自体は標準的であり、世界史の基礎的な知識が身に付いていれば完答できる。第3問における図版は2005年、地図は2006年、1行論述は2014年以来の出題である。
第2問・第3問の解答の書き方
第2問、第3問では解答の書き方に注意すること。東大の解答用紙には原稿用紙がそのまま使われており、問題番号が印刷されていない。問題文には、「設問ごとに行を改め、冒頭に⑴~⑶の番号を付して記しなさい」「以下の⒜・⒝に対応する以下の問いに、冒頭に⒜・⒝を付して答えなさい」とある。これは、設問のなかに小問が⒜・⒝など複数ある場合、「1マス目に⒝などの記号を記入し、2マス目から解答を書き始めよ」という指示なのか、「問題番号⑴などの後に⒝と記入するように2マスを取って解答を書き始めよ」という指示なのか、ハッキリしないのだ。
第2問・問(1)を例に取ると、
(1) (a)
次に、問(1)(b)の解答を続けて書くのだが、
(1) (b)
と書き始めるのか、あるいは(1)を略して、
(b)
とするのかについて明確な指示がないのである。
また下記のように数字・アルファベットを半角表記してもよいのかも判断しがたい。
3a
東大としてはどんな形にしろ、問題番号・記号を含め、全体で指定された行数に収まるよう、解答すればよいということかも知れないが、字数制限に悩む受験生の立場からすれば、書式は明確な方がよい。駿台では、17年度の解答例作成に際しては、設問ごとの解答例における「字数」に問題番号(1)などと(a)、(b)…を記すための1~2マス分を含めたことを、念のためお断りしておく。
第3問も問題文には「設問ごとに行を改め、冒頭に(1)~(10)の番号を付して記しなさい」といった出題者からの指示がある。よって、1マス目に問題番号を記入し、2マス目から解答を書き始める。複数の解答を求める設問があるので、どの設問に対する答えなのかわかるように、下記のように明記した方が採点者にもわかりやすいだろう。
第3問:問(4)
⑷ ⒜ アウグスティヌス⒝ ヴァンダル( 人)
(4)(a)  
  (b) ( )  
東大の各設問の配点について
【①東大の各設問の配点について】
駿台の東大実戦模試では論述重視で配点(大論述・小論述合わせて8割程度、単答式で2割程度)しているが、一律に20点としている予備校(河合塾など・論述で7割弱)もある。これだと第3問のウエイトが高くなりすぎる。
【②18年度の配点について】
東大世界史の配点は推測の域を出ないが、18年は第3問の単答式(記号選択を含む)が11問、1行論述が1問(2点)で13点(駿台では例年、第3問などの単答式の設問を各1点で計算している)。第1問の大論述は20行(600字)、第2問の小論述は15行(450字)に単答式が2問。単答式の配点を計2点とすると、論述は計36行・1080字(600字・450字・30字)で47点(第1問:25点、第2問:20点、第3問:2点)と推測される。駿台の再現答案システムで駿台生の解答を確認した上で、東大の情報開示を待ちたい。
駿台では毎年、東大受験生に自身の答案を再現したサンプル答案の作成を依頼し、これを独自の採点基準で採点しており、これを「再現答案」と呼んでいる。この採点結果と、実際に東大から情報開示された受験生の得点とを比較対照した結果、両者の誤差は3~6点程度(最小は±0.43点)であった。
東大の採点法と駿台の採点基準との間に大きなズレがないとすれば、近年の東大の論述問題では逐語採点というよりは、具体的なデータ(歴史用語)を論拠として、答案の「文脈」を重視する採点傾向であると思われる。

【駿台生の再現答案の分析結果】

2018 年・駿台生の再現答案の平均点:34.7点 (正答率57.8%)Max:44点
第1問 13.6点/ 25点 (正答率68%)Max:20点
第2問 11.5点/ 22点 (正答率52.2%)Max:17点(小論述20点、単答式2点)
第3問 9.6点/ 13点 (正答率73.8%)Max:12点(単答式1点×11、小論2点)

【参考】

17年・駿台生の再現答案の平均点:35.7点(正答率59.5%) Max:48点
第1問 13.2点/30点 (正答率44%)Max:23点
第2問 12.7点/19点 (正答率66.8%)Max:16点(小論述3点×5、4点×1)
第3問 9.7点/11点 (正答率88%)Max:11点(単答式1点×11)
16年 再現答案の平均点:33.4点(正答率55.6%)
第1問 11.1点/30点 (正答率37% Max:17点)
第2問 13.8点/20点 (正答率69% Max:18点)(小論述3点×4、8点×1)
第3問 8.5点/10点 (正答率85% Max:10点)(単答式1点×10)
15年 再現答案の平均点:35.8点(正答率59.6%)
第1問:14.9点/30点 (正答率49.6% Max:20点)
第2問:13.2点/20点 (正答率66% Max:20点)
第3問:7.6点/10点 (正答率76% Max:10点)
14年 再現答案の平均点:38.3点(正答率63%)
第1問:15.9点/25点 (正答率63% Max:23点)
第2問:10.0点/20点 (正答率50.1% Max:13点)
第3問:12.3点/15点 (正答率82%  Max:15点)
13年 再現答案の平均点:40.9点(正答率68%)
第1問:18.0点/28点 (正答率60% Max:26点)
第2問:13.6点/22点 (正答率61.8% Max:19点)
第3問:9.2点/10点 (正答率90% Max:10点)
18年度の難易度
18年の東大世界史の難易度は、過去最大の字数・第1問の新しいテーマ、受験生が苦手とする第2問の宗教史、地図・史(資)料など出題に工夫を凝らした第3問の処理時間などからいって、「難化」といえる。
第2問(小論述)は問題内容に比して、例年、平均点が低い。得点が伸びない要因は、指定語句が与えられないこと、受験生の基本的知識の不足、少ない字数の中でポイントを絞りきれない論述力不足であろう。18年の第2問も基本的な事項であったが、再現答案を見る限り、受験生にとって、第2問が「鬼門」であることに変わりはないようだ。第3問は、再現答案ではほぼ満点に近い平均点となるので、ミスをしないことが重要だ。

入試対策

合計900字~1000字前後の論述を時間内に書くことは、受験生にとっては容易ではなく、材料となる基本事項を速やかに思い出せないと苦しい。東大論述答案を書き上げるために必要な能力は①教科書レベルの知識・用語を説明する力、②歴史的経緯の因果関係を説明する力、③何が問われているか、問題文を読んで理解する力、④東大世界史のベースに流れる歴史観を読み取る力、⑤自分の考えを的確・簡潔に伝える力である。知識がなければ論述は書けない。知識あっての思考力である。今回の第1問のテーマも、駿台では講習講座の『欧米近現代史徹底整理』などで詳しく解説した。珍しいテーマではあるが、決して受験生がアプローチ出来ない問題ではない。現代社会の重要な問題を東大が取り上げたのであり、東大の出題者たちが求める「現代を通して歴史を学ぶ」意味を考えずに、中途半端な対策をしても通用しない。東大の出題 傾向は、新学習指導要領を見据え、時事的な問題も意識しながら新しい切り口を次々に模索しているといえる。このような東大入試に対応するためには、まず基本事項を身につけることだ。教科書・地図・年表・史(資)料集をしっかり使い、センター試験レベルの地道な勉強をおろそかにしないことが肝要である。次に大切なことは、東大世界史の過去問に徹底的に取り組み、出題傾向やテーマを熟知することである。こうした基本的な学習に基づき、まずは第2問型の小論述からテーマ別に過去問や実戦模試、例題演習に取り組んで行く。90字~120字程度の小論述を手際よく書けるようになったら、大論述に取り組もう。その際には、全体の「設計図」をメモ書きやフローチャート(図解)、あるいは「表」化する形で視覚化し、これを文章化する練習を早くからやってもらいたい。駿台では春期・夏期・冬期の講習会で、東大論述向けの実戦講座を用意している。また東大論述を主要テーマ別に整理した『テーマ別東大世界史論述問題集』や、現行教科書に基づき東大の過去問題を見直し、解説した『東大入試詳解25年 世界史』などは、初学者にも理解出来るようまとめてある。これらも参考にしてほしい。

※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。