2017年度入試
出題分析と入試対策
  東京大学 地理

過去の出題内容

2017年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 島と海 太平洋における島嶼 60字・60字・90字・記述・60字
カリマンタン島・マダガスカル島・バフィン島 選択・30字・90字
2 世界の水資源と環境問題 水資源 選択・30字・60字・60字
PM2.5 記述・60字・記述
3 ヨーロッパと日本の産業・社会の変化 ヨーロッパの人口構造変化 選択・60字・60字・60字
日本の工業の変化 選択・60字・90字

2016年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 アメリカ合衆国とヨーロッパ諸国 アメリカ合衆国の人口分布 30字・60字・90字
アメリカ合衆国北東部の都市群 60字・30字・90字
ヨーロッパ諸国の階級区分図 選択・30字
2 世界の農業 主要な食物油の世界生産量の推移 選択・選択・60字・60字
主要農産物の自給率 選択・60字・60字
3 日本の都市、環境と災害 都市の環境と災害 記述・30字・60字・90字
市町村合併 60字・60字・90字

2015年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 自然環境と人間活動との関係 天竜川右岸の地形図読図 90字・60字・90字
湿潤アジアにおける植生帯 選択・60字・60字・60字
2 世界の貿易 アフリカ3か国の貿易 選択・60字・60字・60字
日本の生鮮野菜輸入 選択・60字・60字
3 日本の都市と社会の変化 大都市内3区における人口密度と職業構成の変化 選択・90字・30字
6つの人口関連データの判定 選択・30字
3大都市圏の人口流動 60字90字

2014年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 世界と日本の化石燃料と再生可能エネルギー 二酸化炭素排出上位国やバイオマス燃料の特徴 記述・60字・60字
再生可能エネルギーの判定や推移理由 選択・60字・選択・30字
2 ヒト・モノ・情報の流動 アメリカ合衆国を中心とする音声通話の通信量 60字・60字・選択・60字
主要都市圏の航空交通 60字・60字
3 ヨーロッパの国々の産業と貿易 ヨーロッパ4か国の輸出品構成と研究開発支出 選択・60字60字
EUの貿易 60字・90字・60字

2013年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 気候と地表環境 風化作用の強度分布 60字・60字・90字
土砂崩れ前後の地形図読図 30字・60字・60字
2 世界の農業と水産業 低緯度沿岸の山岳地帯における自然環境 記述・90字・30字
適地適作による大規模生産の問題点 90字
世界の水産業 選択・60字・90字
3 経済・産業の変化と人口 世界の都市および農村の年齢階層別人口 選択・60字・60字
日本の工業都市 選択・30字・60字

2012年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 ユーラシアとアメリカ合衆国の自然・産業・文化 ユーラシアの自然・産業・文化 選択・記述・60字・60字
アメリカ合衆国の経済 選択・60字・90字
2 世界の農林業 世界の農業 選択・記述・60字・60字
中国の農産物貿易 60字・60字
炭素(森林)蓄積量 60字・30字
3 地図 オルテリウスの世界地図 記述・60字・90字・60字
数値地図(東京) 90字・60字・60字

2011年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 自然と人間 世界の自然災害 選択・60字・90字
岐阜県南部の地形図読図 60字・60字・120字
2 資源と環境 世界の金属資源 選択・30字・30字
レアメタルの生産と資源政策 60字・60字
硫黄の回収理由 記述・90字
3 日本の人口と人口移動 日本の出生数と死亡数 60字・30字・60字
都道府県間の人口移動 選択・30字・90字

2010年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 世界と日本のダムと環境   ダムの目的・効果と問題点 60字・60字・90字・90字・90字
2 地域間の交流と社会・経済の変動 日本への入国目的 選択・60字・60字・60字
東アジア諸国内における地域格差と産業構造の変化 選択・90字90字
3 交通と都市 日本の貨物輸送 90字・60字
日本の主要港湾 60字・90字
ドイツと日本における都市の分布 記述・60字90字

2009年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 全球スケールおよび地球スケールの環境 森林と年平均流出量との関係 60字・60字・60字
岩木山周辺の地形図読図 60字・30字・60字
2 世界と日本の食料 ヨーロッパ各国と日本の食料自給率や農業の特徴 選択・90字・60字・60字・60字
東南アジアにおける米の生産 選択・60字
中国における大豆輸入 60字
3 日本の産業と人口の変化 産業別従業者数の変化 選択・60字
市町村合併の理由 90字
生産年齢人口と老年人口の変化理由 選択・120字

2008年度

番号 項目 設問 内容 解答方式・論述字数
(下線は指定語句)
1 世界の主要な河川と海域 主要河川流域における自然災害、農業・環境問題 記述・選択・60字・90字
海洋と排他的経済水域 記述・90字
2 鉄鋼業と環境問題 鉄鋼生産とエネルギー効率 選択・120字
ピッツバーグ都市圏の変化 30字・60字・90字
3 海外で生活する日本人と日本で生活する外国人 海外在留邦人 選択・60字
在留外国人 90字
海外長期滞在者 60字60字
注 解答は全問記述形式。論述問題については1行=30字で字数を示した。

出題分析

分量

過去7年間の総字数の推移
年度 総字数
2017 930字(31行)
2016 1020字(34行)
2015 1020字(34行)
2014 840字(28行)
2013 930字(31行)
2012 1020字(34行)
2011 930字(31行)
1.問題数
大問3題であり、例年との変更はない。
論述問題は、1行論述2問(昨年4問)、2行論述10問(昨年9問)、3行論述3問(昨年4問)であった。論述出題数は15問(昨年17問)となり2問減少した。
短答・客観式解答数は20箇所(昨年19箇所)で大きな変化は見られない。このうち、短答の記述式問題は5問であった。
2.解答形式と総字数
解答形式は論述式・記述式・選択式の複合である。総解答数に大きな変化は見られないが、論述行数は減少した。
論述行数の31行(昨年34行)は、世界史の32行(昨年32行)とほぼ等しく、日本史の22行(昨年22行)より多くなっている。小問ごとの要求行数として、4行論述は2011年を最後に今年も出題されなかった。1行・3行論述が減少し2行論述は増加している。2行論述中心の比重が高まったといえる。指定語句を使用する論述問題は4問(昨年2問)に増加している。ただし、語群から選択して用語を使用させる形式は出題されなかった。
短答・客観式問題として記述式は5問出題されているが、選択式が中心である。選択式問題は、第1問設問B(1)を例外として、解答箇所と選択肢が同数の組み合わせが中心である。
3.時間配分
本年の参照すべき資料は減少(昨年11→今年9)しており、読み取りに時間を要する地形図や階級区分図も出題されていない。地理の解答に要する全体の所要時間は減少したといえる。ただし、第3問で5つの資料が提示され、複数の資料を関連させる読み取り問題も出題されているため、第3問の解答時間確保がポイントになったといえる。解答に要する時間配分という観点からは、地理の所要時間を75分(地歴2科目で150分)と仮定すると、各大問25分程度と考えるのが一般的である。ただし今年の場合は、資料数や論述行数なども考慮すると、第1問は25~30分、第2問は20~25分、第3問は25分程度で解答する必要があった。

出題形式と出題内容

1.出題形式
論述式と記述式・選択式の出題であるが、配点の中心は論述式である。論述問題は1行×2問、2行×10問、3行×3問であった。昨年は1行×4問、2行×9問、3行×4問であったので、2行問題中心であったといえる。
総論述行数については、世界史(32行)とほぼ等しいが、日本史(22行)より多い。ただし、世界史の20行といった大論述問題や日本史の4行論述などの出題は見られない。2行問題中心であることから出題数が多くなり、幅広い知識や地理的思考力が要求されたといえる。指定語句を使用させる論述問題は4問出題されている。
記述式問題は、島名や国名、原因を解答させるものであった。重箱の隅をつつくような細かい知識ではなく、基本的な資料読み取りで解答できる問題である。
選択式問題は、第2問設問A(1)のように設問文中に提示された選択肢から選ぶ形式で、資料中の空欄数と選択肢数が等しくなっている問題が中心である。しかし、第1問設問B(1)のように、解答数より多い選択肢群からの選択問題もわずかに出題されている。また、選択式問題は、後に続く問題の導入問題となることも多く、この問題の正答率が論述式問題の得点率に影響することも少なくない。
資料としては、地図・分布図・グラフ・統計表が出題されているが、設問文の導入として利用される短文のリード文は提示されなかった。各設問に資料が提示されていることからも、資料読解力のウエイトが高いといえる。また、複数資料の相関性分析力および分析スピードがポイントにもなりやすい。資料タイプは地理学習で必要な基本的なものであるが、初見の図や統計が出題されることも多いので、資料の読み取り練習をする必要がある。
全体的な出題形式としては、資料分析力や論述力が要求されている点に変更はない。
2.出題分野
「島と海」、「世界の水資源と環境問題」、「ヨーロッパと日本の産業・社会の変化」をテーマとする出題であった。昨年までと比べ大きな変化は見られなかったが、自然環境に関連した設問が一昨年までの第1問(昨年は第3問)、地誌的問題も第3問(昨年は第1問)へ戻っている。第2問の統計分析問題は従来通りであった。
第1問の「島と海」では、設問Aで「太平洋における火山島・サンゴ礁島の分布と排他的経済水域図」が提示された。(1)では太平洋中央部で、火山島とサンゴ礁島が北西から南東の方向に並んでいる理由が問われた。(2)はサンゴ礁島からなる小島嶼国で、先進国からの支援や、移民の出稼ぎによって経済が維持される理由が問われた。(3)は領海と排他的経済水域の違いを、指定語句を使用しながら説明する問題である。(4)では図中の島名が問われている。(5)は小笠原諸島の年降水量が南西諸島に比べて少ない理由が問われている。島嶼の位置や自然環境、人間活動との関連性につながる理解度が問われた設問であったといえる。設問Bでは「世界3~5番目の大島の海岸線図」が提示された。(1)はその3島の位置が問われた。(2)はバフィン島の海岸線の特徴と、その特徴が生じた原因が問われている。(3)はカリマンタン(ボルネオ)島とマダガスカル島の自然環境に留意した産業の特徴が問われている。(1)の判定が設問Bの得点に大きな影響を与えており、地図学習の重要性を再認識させる設問であったといえる。
第2問の「世界の水資源と環境問題」では、設問Aで「各国の水資源」に関する統計表が提示された。(1)は降水量・水資源量・水使用量から選択肢中の国名を判定する問題である。(2)はエジプトで水資源量が年降水総量を上回る理由が問われている。(3)はエチオピアの水資源の特徴を自然と社会の両面から説明する問題である。(4)は日本での水資源の間接的利用、すなわちバーチャルウォーター(仮想水)の理解度を、指定語句を使用しながら説明する問題である。水資源に関する統計は2005年にも出題されており、バーチャルウォーターについても間接的な出題として2013年に出題されている。過去問学習の重要性を実感させる設問であったといえる。設問Bでは2012年のエネルギー供給量世界上位5か国における「2002年と2012年時点でのエネルギー供給の構成表」が提示された。(1)はエネルギー供給の変化から該当国を判定する問題であった。(2)は(1)で判定した中国とインドでPM2.5が増加している原因と社会的背景が問われている。(3)は人口密度が希薄な地域でPM2.5を含む微粒子が大量に発生する原因の具体例が問われている。単なる統計読み取り問題だけではなく、その統計を意味づける背景や派生する問題の理解度が重要であった設問といえる。
第3問の「ヨーロッパと日本の産業・社会の変化」では、設問Aでヨーロッパ4か国の「人口の推移」、2014年における「年齢階層別人口」、「主要な職業の男女別構成比率」が提示された。(1)は3つの図表から該当国を判定する問題である。(2)はドイツにおいてここ20年間の人口構造の変化によって深刻化している経済的問題を、2点説明する問題である。(3)はブルガリアにおいて1990年以降の人口減少を引き起こした理由を、2点説明する問題である。(4)はスウェーデンで青壮年層の人口規模に比べて年少層の人口規模が大きい理由を、指定語句を使用しながら政策的側面に焦点をあてて説明する問題である。本設問も(1)の国名判定が後の(2)~(4)に影響する構造であり、(1)の判定に細心の注意を払う必要があった。設問Bでは日本工業の主要業種における「製造品出荷額等の変化、上位5都道府県と対全国比」、地方の5県における「出荷額等の変化と上位2業種」が提示された。(1)は1963年・1988年・2013年の主要業種と製造品出荷額等から該当する都道府県を判定する問題である。(2)は上位5都道府県の対全国比が電気機械で大幅に低下している理由が問われている。(3)は2008~13年において出荷額等の大幅な減少がみられた県とわずかな減少にとどまった県に分かれた理由を、指定語句を使用しながら出荷額等の上位業種の差異をヒントに説明する問題である。東大で頻出の日本関連問題であり、業種や地域の特徴を相関させる地理的思考力が問われた設問でもあった。

難易度

1.再現答案からの分析
再現答案の得点率を見るかぎり、昨年に比べ全体の難易度はやや易化し、受験者の平均得点は上昇したといえる。大問別では、第1問の得点率が最も低く、第2問は解答しやすく、第3問が標準的であったようである。
第1問の設問Aでは、(1)の得点率は難易度の割に低かった。太平洋の中央部という設問文や図の読み取りができず、ハワイの形成やプレート移動のメカニズムを得点となる記述にすることに課題もみられた。(2)は小規模だけに注目し多面的な考察ができず、その意味で得点率が低かった。サンゴ礁や島嶼国にも着目した解答が少なかったといえる。(3)は2008年に排他的経済水域が出題されていることもあり、用語は内容的に理解できている記述ではあるが、得点率が低くなっている。とくに指定語句の使用法に課題があり、羅列使用であるため加点ポイントが不足していたといえる。また下線の引き忘れも散見された。(4)の得点率は高かった。ただし、a(南鳥島)とb(沖ノ鳥島)の島名が逆転した組合せ、外国の島名を記述した解答も散見された。(5)は設問を見落とし、再現答案の中でも3割近くが未解答であった。また解答者の得点率も高くなかったが、比較問題の解答法に課題があったといえる。
設問Bでは、(1)の得点率はまずまずであった。ただし、思い込みなどにより、設問文通りに解答できず、島名を答えた解答も散見された。(2)は(1)の正解者の得点率が高かった。(1)の判定が影響する問題の典型例である。また地理学習の基本ではあるが、地図学習を疎かにしていた受験生は難問であったといえる。(3)は、(1)の正解者であっても、得点率が低かった。3行分の配点を意識できず、両島における特徴を1点ずつ指摘しただけで満足してしまったようである。また自然環境という観点から地形や地体構造に言及した解答も散見されたが、その場合はマダガスカル島の説明に課題が生じている。
第2問の設問Aでは、(1)の正答率は高かった。ただし、ア(オーストラリア)とイ(カナダ)の判定を逆にした解答も散見された。年平均降水量と年降水総量、水資源量と1人あたり水資源量からの指標操作ができなかったようである。(2)は2005年に出題されていることもあり、得点率はまずまずであった。ただし、水資源の少なさが指摘できず、多面的な視点からの加点ポイントが不足している解答も少なくなかった。(3)はやや苦戦している解答が目立った。降水量の割に水資源量が少ない、1人あたり水資源量の割に1人あたり水使用量が少ないといった統計表の利用もできていない解答も多かった。(4)の得点率はまずまずであった。指定語句をヒントにバーチャルウォーター(仮想水)が想定できたようである。東大の入試問題には、京大や一橋大と異なり、2013年に出題されたように地理用語の直接言及なしで内容説明を要求する発問がみられる。その典型例の問題でもあった。
設問Bでは、(1)の正答率は非常に高かった。ただし、わずかながらB(インド)の判定にブラジルなどの誤りがみられた。各国の特徴や増加傾向からの判定ができず、供給量が多くなる理由も推定できなかったのかもしれない。(2)の得点率はまずまずであった。ただし、PM2.5の増加理由として統計表をヒントにできず、環境対策という側面に言及できていない解答も見受けられた。(3)の正答率は高くなかった。微粒子の大量発生理由が問われているが、偏西風や季節風など、微粒子がもたらされる理由を指摘する解答がみられた。出題意図の読み取り、読解力に課題があったといえる。
第3問の設問Aでは、(1)の正答率はまずまずであった。ただし、イ(スペイン)とウ(ドイツ)という組合せ、イ(スペイン)とエ(ブルガリア)という組合せを、それぞれ取り違えた解答も見られた。3つの資料それぞれの特徴や関連性からの判定ができなかったようである。(2)は(1)の正答が前提となる。ウをドイツと判定できた正答者における(2)の得点率はまずまずであった。ただし、年齢階層別人口を示した図3-2の読み取り、コーホートという同期間に出生した集団の変化に着目できなかった解答も見受けられた。(3)も(1)の正答が前提となる。エをブルガリアと判定できた正答者における(3)の得点率はまずまずであった。ただし、人口の推移を示した図3-1において、急減が始まる1990~95年の状況が見出せない解答も見られた。また、1990~95年の歴史的状況から、エをブルガリアと判定することも可能である。(2)~(4)など後の設問内容から(1)など前の解答を見直すということにも留意してほしい。(4)も(1)の正答が前提となる。アをスウェーデンと判定できた正答者における(4)の得点率はまずまずであった。ただし、指定語句の修飾法に課題があり、加点ポイントが見出せない解答も見受けられた。
設問Bでは、(1)の正答率は高かった。ただし、A(東京)とB(大阪)を取り違えた解答、B(大阪)とD(千葉)を取り違えた解答もわずかに見られた。多くの業種が提示されているので判定できるものから考えればよいが、1963年などの過年次に着目して推測することが難しいようである。(2)はやや苦戦していたようである。上位5都道府県の対全国比が低下している理由が問われているが、全国出荷額等が減少している電気機械であるため、海外移転という解答も見受けられた。上位5都道府県の変化に着目できず、出題意図の読み取りにも課題があったようである。(3)は得点率がやや低かった。出荷額等の増減率が大幅な減少となった県における出荷額等の上位業種や、わずかな減少にとどまった県における出荷額等の上位業種に着目しながら指定語句を使用することが難しかったようである。とくにデジタル家電の使用法に苦戦していた。
全体的な再現答案からは、地理学的に難問とはいえない設問であっても、資料の読み取り方や指定語句の使用法に課題があり、地図学習が不足している受験生には難問となったようである。
2.入試問題としての難易度
一橋大学・筑波大学・首都大学東京・名古屋大学・大阪大学・九州大学などと比較して、難しいとはいえない。また個々の論述問題は、地方国公立大学や学習院大学・慶應義塾大学・上智大学・明治大学・法政大学などの私立大学と比較しても、難問とはいえない設問が多い。ただし、1~3行の論述問題は簡潔かつ論理的な論述が要求されており、指定語句を使用する論述は語句の使用に工夫が必要となる。さらに、統計を多面的に見る視点や分析力、各分野の相互関連性や横断的理解、論理的な思考の練習が必要であり、資料分析の時間配分と論述力が東大の難しさといえる。

入試対策

1.基本事項の整理

地理的な知識については、教科書レベルで対応可能である。ただし、大陸や主要国の自然環境、人口、産業、文化などの基本的事項を独立して把握するのではなく、相互に関連させて法則性を見出しながら理解する必要がある。たとえば、自然環境については環境が人間生活にどのような影響を及ぼしているかといった観点での整理である。また、横断的なテーマで出題されることが多いので、全分野にわたる内容整理を徹底して、横断的理解とともに不得意分野をなくす必要もある。

2.地誌学習の必要

大問で出題されるほか、系統的分野の中の小問としても出題される。地理的事象を文字による単発的把握にとどめるのではなく、具体的な地域事例と併せて理解することが必要となる。そのために、地図帳による確認作業や白地図などを利用した整理をこころがけたい。また、2017年第1問や2010年第3問設問Cのような地理的感覚を養うために、地図帳を見る習慣もつけたい。新聞やテレビなどで紹介された地名や地理的事象は、地図帳で確認するという作業の積み重ねが要求される。ただし、地図帳を覚えるということではなく、地図帳で設定したテーマや事項を探すという認識の方がよいであろう。

3.資料解析の練習

資料の読み取り問題や統計解析の出題頻度は高い。ただし、その対策として重要な統計や分布図などを単に暗記すればよいということではない。初見の資料も少なくないことから、資料中の指標がなぜ選択されているのか、指標自体の特徴はないか、指標を操作して別の指標を見出せないかといった練習である。また複数の資料が提示されている場合には、それらの資料から読み取ることができる相関性はないかといった点にも着目したい。そして、資料から読み取ることができた内容と、これまで学習して習得した地理的内容を関連させ、資料から得られた内容を意味付けするとともに地理的事象の理解に努めてほしい。

4.時事問題への対策

地理は地球上で出現する事象を対象とするため、自然科学から人文科学・社会科学まで、様々な事象からアプローチされる。ただし、大学入試を意識する場合は、人間の生活に影響を与える地域的・社会的現象を理解する学問と捉えればよい。そのため、時事的な内容に関連した問題も出題されやすいので、新聞やテレビなどで報道されるニュースや特集にも注目したい。それらを題材にして、事象の地理的側面に着目した出題が見られるからである。論述問題で扱われる場合には、学問的評価が影響するため、新聞の特集記事などで詳解される内容にとどまることになる。2011年第2問の資源と環境や2012年第1問設問B(2)のリーマンショック、第2問設問A(4)のフェアトレード、2014年第1問設問A(2)のカーボンニュートラル、設問Bの再生可能エネルギーに関する問題などはその典型例といってよいであろう。また2017年第2問設問A(4)や2013年第2問設問Bのように、時事問題と直接つながらないと思っても、今日的な視点(バーチャルウォーターやフードマイレージ)が要求される問題もみられる。

5.最新統計にも注意

時事問題対策にもつながることであるが、最新統計にも注意したい。2015年第2問設問Bでは、2013年の生鮮野菜統計が出題された。入試問題は前年度に作成されていることから、2013年の統計は最新統計ということになる。また、2015年第2問設問Aの貿易統計も2012年の統計が示されている。これも2014年に入手できた最新統計と考えることができる。地理を受験科目とするのであれば、最新統計も入手したいところである。

6.日本の現状認識

2017年第3問設問Bのような県別工業統計や農業統計、商業統計や人口変動などの地域別統計、2013年第3問設問Bのような日本の都市に関する出題もみられる。高等学校では日本地理の学習が少なく、新聞などを通しての時事問題把握を疎かにしがちであるため、日本地理を苦手とする受験生が少なくない。日本に居住している以上、日本を知ることは受験勉強以前の常識であるとともに、身近な空間現象から地理的な法則理解につなげる事例としても最適である。高等学校の地理教科書や参考書などで扱われることが少ないため体系的な学習や習得は難しいが、個々のアンテナを広げ、新聞・テレビ・雑誌・書籍など幅広い媒体に注目しておくことが必要であろう。

7.論述への対策

1~3行で簡潔にまとめる練習が必要である。3行で書く内容を2行で、同様に4行で書く内容も3行で論述できるようにしたい。無駄な記述を省くということであるが、加点ポイントも意識して組み込まなければならない。1行に2点分の配点という意識で答案を作成するのがよく、得点になる項目や内容を要求行数に応じて組み込みたい。4行以下の比較的短い論述問題は、加点法で採点されるという意識を有する必要がある。また、指定語句を使用する論述への対策も必要である。論理的な文章とするために、指定語句の使用順序を考慮するが、単なる羅列を避け、指定語句を補足して使用する必要がある。指定語句を使用する論述では、指定語句自体は加点対象にならないと考えておきたい。さらに、指定語句をヒントにしながら出題意図を汲み取り、解答すべき内容や項目を組み込めるようにしたい。2地点や2項目を比較する問題では、指定語句と対比できる語句を使用して説明できるようにするということである。
これらの点に注意しながら論述の練習をする必要があるが、自己採点は難しいことから、指導教員などから添削してもらうとよい。他人の目に触れることで、主観的な評価や思い込みなどを避けることができ、客観的な評価につながるからである。

8.過去問の復習

2017年第1問設問A(3)の「排他的経済水域」は2008年第1問設問B(2)で、第2問設問Aの「水資源」の統計は2005年第1問設問Aにも出題されている。2009年第2問設問Bで出題された「東南アジアにおける米の生産量推移」に関する問題は、1997年や2004年にも出題されている。出題資料としては統計表やグラフの違い、指標が若干異なるといった点もあるが、「自給的作物の米」、「生産量と消費人口の相関性」といったテーマは同じである。過去問を学習することで、類似問題への対策だけでなく、出題者が有する問題意識や出題意図を読み取ることもできる。2016年第3問設問Bの「市町村合併」というテーマは2年連続の出題である。ただし、思い込みは厳禁である。2016年第2問設問A(3)は、2012年第2問設問Bの「中国における大豆など油脂類の輸入」と類似しているが、2009年の「中国における大豆の輸入」とは出題観点が異なっている。単なる出題分野や出題項目の把握ではなく、過去の出題テーマを認識するとともに、問題文の的確な読み取りが重要である。

9.他大学やセンター試験の問題演習

過去問学習とともに他大学の入試問題にも挑戦したい。たとえば、2016年第1問設問C(ウ)の失業率は2016年のセンター試験で出題されており、第3問図3-1は2012年の名古屋大学、同じく図3-2は2003年の東京都立大学(現首都大学東京)で同様の資料が提示されている。2015年においても、第1問の地形図は2011年の北海道大学で出題された地域である。他大学やセンター試験の出題形式は東大と異なるが、それらの入試問題を演習することで東大の出題テーマの先取りをすることにもつながるのである。

10.模擬試験の活用

過去問学習や他大学問題演習とともに、模擬試験も大いに活用したい。資料読み取りや論述問題の加点ポイント、新傾向問題などに対応するためには、様々なタイプの問題に慣れておく必要がある。さらに、予想問題としても利用できる。2016年は新課程入試となったものの、そのテーマは模擬試験で予想されていたものであった。東大の過去問からの分析は必要であるが、対策として十分とはいえない。とくに、時事的な要素が強い問題や新しいデータを使用した問題は、予備校などの模擬試験でないと練習することはできないであろう。

11.地形図や図法に注意

地形図の読図問題は1984~2001年まで出題されなかったため、「東大では地形図問題は出題されない」と思い込んでいた者も多かった。しかし、2002年・2009年・2011年・2013年・2015年と出題されており、近年は2年ごとに出題されるなど、定番化してきたといえる。
地図の図法や作成に関しては、平成元年の学習指導要領改訂で「図法については深入りしないこと」とされた。その後、平成11年、平成21年の新学習指導要領を通じて「地図」の重要度が高まり、「様々な地図と地理的技能の取り扱い」として、「地球儀や地図の活用」といったテーマの重要度が高まっている。2016年の段彩図・階級区分図・地形分類図・等高線図は、この流れからくる出題ともいえる。

12.時間配分への意識

地歴の試験時間は2科目で150分である。半分の75分を地理に振り分けるとすれば、大問3題が出題されることから、1題当たりの所要時間は25分程度と考えることができる。ただし、地理は日本史や世界史にくらべ論述量が多いこと、大問により資料数などが異なることもあり、時間配分を意識する必要がある。とくに、例年第1問で資料提示数が多く分析に時間を要する資料が提示される傾向もあるため、第1問から順番に解答した場合、第3問への時間配分が少なくなりやすい。他科目との兼ね合いもあり、解答する順番や時間配分もポイントとなる。

※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。