2017年度入試
出題分析と入試対策
  早稲田大学 文化構想学部 国語

過去の出題内容

2017年度

番号 科目(類別) 内容 出典
(一) 現代文
(A評論・B評論)
内容把握、空欄補充、抜き出し、趣旨判定 A井上健『文豪の翻訳力』
B二葉亭四迷「余が翻訳の標準」
(二) 現代文(評論) 脱文補入、空欄補充、内容把握、抜き出し、内容合致、漢字の書き取り 鈴木理策「見ることとうつすこと」
(三)
現古漢
融合
現代文(評論) 内容把握、空欄補充、内容合致 石田英一郎『桃太郎の母』
漢文(逸話) 書き下し、解釈、内容合致 干宝『捜神記』
段成式『酉陽雑俎』
古文(歴史) 文学史、空欄補充、理由説明 舎人親王ら『日本書紀』
A「雄略紀」・B「推古紀」

2016年度

番号 科目(類別) 内容 出典
(一) 現代文
(A評論・B評論(近代文語文))
内容把握、空欄補充、抜き出し、主旨判定 A前田愛『近代読者の成立』
B坪内逍遙「読法を興さんとする趣意」
(二) 現代文(評論) 脱文補入、空欄補充、内容把握、抜き出し、内容合致、漢字の書き取り 港千尋『ヒョウタン美術館』
(三)
現古漢
融合
現代文
(AC小説・Bアフォリズム)
内容把握、空欄補充 芥川龍之介
A『歯車』・B『侏儒の言葉』・C『地獄変』
古文(説話) 理由(心情)説明、単語の意味、文法(敬語の種類と活用形) 『宇治拾遺物語』
漢文(寓話) 解釈、空欄充塡、思想史、内容合致 『荘子』

2015年度

番号 科目(類別) 内容 出典
(一) 現代文(評論) 内容把握、空欄補充、語彙解釈、抜き出し、主旨判定 A坂口安吾「文学のふるさと」
B柄谷行人「『日本文化私観』論」
(二) 現代文(随筆) 脱文補入、空欄補充、内容把握、抜き出し、内容合致、漢字の書き取り 別役実「台詞と科白」
(三)
現古漢
融合
現代文(評論) 空欄補充、内容把握 唐木順三『中世の文学』
古文(説話) 単語の意味、現代語訳、文法識別、文学史、内容合致 鴨長明『発心集』序
漢文(仏典) 書き下し、内容合致 源信『往生要集』

出題分析

内容

<現代文>
(一)は関連する内容を扱った複数の文章を並べて掲げ、表現や内容の対応関係などについて問うというスタイルで例年通りである。2013年度に3本出題されたことがあったが、問題文は基本的に2本で、全体の分量に大きな増減はない。書かれた時期がある程度隔たった文章を並べて出題するというかたちも一貫している。このところ旧仮名遣いではあっても実質は現代文という評論が続いていたが、昨年は近代文語文が復活した。本年度は明治30年代の文章ながら表記は現代文である。Aは井上健『文豪の翻訳力』、Bは二葉亭四迷「余が翻訳の標準」。旧年代の文章としては昨年は坪内逍遙の「読法」について考察する内容であったが、今年は二葉亭四迷の翻訳法に関する文章で、取りあげられた作者の活躍した時期が重なるだけでなく、扱われているテーマにも関連性のある素材が選ばれた。過去問題では「近代」「国民」「思想」「人権」と、これから学問の扉を開こうとする学生に対して、その基本的な概念を確認させるようなテーマが続いてきたが、最近は、より具体的に「日本」「日本人」について考察する問題文、日本独自の舞台芸術である「かぶき」を通じて「美」について考察する文章、芥川龍之介の評価に関する議論、そして昨年の「読法」や今年の「翻訳」をめぐる考察など、キーワードをめぐってさまざまな概念や解釈が交わりつつ展開していく文章に、柔軟に対応しながら、内容を的確に読みとる読解力が要求されている。
(二)は以前は一見軽めのエッセイであったが、2012~2014年度は本格的な評論が続いた。また一昨年、昨年は随筆風の文章で、今年は評論ということになるが、ジャンルに関係なくしっかりとした論理展開のある文章が扱われている。今年は写真家の文章でテレビのミステリードラマの話から始まるが、見た目ほど簡単な内容ではない。そもそもこの(二)は現代的な話題やテーマを扱って(一)との差異化を図り、スタイルも(一)のような本格的な評論ではないが、必ずしも読みやすいばかりとは限らないので要注意である。

<現古漢融合>
現代文は文化人類学者、石田英一郎の文章。(三)の現代文では明治・大正・昭和初期の著作と昭和後半から現代の著作の新旧著作がだいたい交互に取りあげられてきているが、あまり順序にこだわる必要はない。基本的、かつていねいな読解力が求められている。
古文は『日本書紀』(「雄略紀」「推古紀」)からの出題。本文は、全体を通して読みづらいものではなかった。設問は、文学史、空欄補充、理由説明が出題された。理由説明は、漢字の読みの知識が必要なもので、やや難しかった。空欄補充は、本文の性格(人名や地名の由来を語る)を考慮に入れた上で解く必要があり、やや難しいものもあった。今年度は空欄補充問題が多く出題された。
漢文は現代文・甲に引用された形の出題。文字数は昨年よりも増加したが、平易な逸話で特に読みにくい部分はなかったと思われる。甲には書き下しの形で他の漢文も引用されており、現代文の要旨と漢文の内容が強く関連していた。

入試対策

<現代文>

2013~2015・2017年度は出題されていないが、やはり文化構想学部の現代文対策としては近代文語文に対して読み慣れておく、ということが必要である。近代文語文に対する備えは、「慣れる」ということが求められるだけに、ある程度の量を時間をかけて読んでおくことが大切だ。
(一)に関しては近代を見なおすうえでしばしば問題とされる基本的な概念やテーマ(平等、自然など)に加え、「近代」「国民」「思想」「人権」といった社会意識を問うテーマが取りあげられてきた。また近年は具体的に日本人のあり方を再検討させるかのような内容で、「かぶき」を題材に「美」を論じ、「現実」に対する文学者の態度や小説享受に通じる「読法」について考察し、今年度は「翻訳」を論じた文章だった。いずれもこれから大学で専門的に学問を修めようとする者が、みずからのバックボーンとしてそれについて読み、考えていく必要のあるテーマであると言えよう。読解という作業はあくまで提供された問題文を精緻に読むことに尽きるわけだが、扱われたテーマや問題について日頃から接して、考察する機会が持てればなお望ましい。そもそも評論というものが時代の制約から逃れられない現代をよりよく生きようとする人間の営みである以上、近代の見なおし、現代という時代への問いを、広い意味では必ず含むものであり、われわれが接する評論文にテーマの共通性が見られるのは必然のことであると言えよう。そうした意味で、評論文を読むということは、単に文字を読む訓練にとどまるものではなく、自分がこれまで読んできた文章やそれによって得た知見を関連づけて、より広く深い理解に向けて読解の可能性を広げていく訓練でもある。もちろん受験、大学合格という目標に向けての練習であるわけだが、大学合格という目標、あえていえば早稲田大学に合格するという目標が、より広く深い文章の読解を要求しているのである。過去問題に限らず新聞、雑誌、または中央公論社、岩波書店、講談社などから刊行されている新書なども積極的に手に取って読み、日常的に評論文に接して考察するという機会を持つことが望ましい。
(二)で多く出題されるエッセイ風の文章を甘く見てはいけない。一見身近な親しみやすいことがらを話のきっかけにしながら、筆者は最終的には評論文と同じような抽象度の高い主張につなげていくのである。しかも評論文のように論理の筋道を丁寧に順を追って述べるのではなく、些細なエピソードを散漫に語るかたちでつないでいくことが多い。その一つひとつのエピソードに込められている意味や意図、つまりエピソードの象徴性を的確に受けとめることができなければ、とうてい筆者の意図する最終的な主張へはたどり着けない。小説読解の戒めとしてしばしば指摘される勝手読みの危険性も伴うのである。ことさらに不安を煽るわけではないが、個々のエピソードをつなぐ「論理」の「筋」をしっかりと見きわめて読む訓練を心がけたい。評論文とはまた違う意味で「筆者の思考につきあう練習」としての読みの訓練が求められる。

<現古漢融合>

来年度も同じ傾向で出題されると予想される。その対策としては、過去問と他学部の現古融合問題、古漢融合問題で練習しておくとよいだろう。ともかく設問は多角度から出題される。空欄補充も他学部の現代文・古文の勉強が役立つだろう。漢文も古文もかなりハイレベルな学習が必要である。
古文においては、今年度は読み易いものであったが、例年は骨のある本文が出題され、前後の文脈を意識した語句の問題や空所補充問題がかなりの頻度で出題されるため、とにかくまず本文をしっかりと読める力をつけることが肝要である。知識を問う設問対策としては、識別を中心とした文法の学習と文学史(成立の時代・ジャンル)の学習をしておくことが大切である。ここ数年はほとんどの年で文学史の出題があり、難易度の高い問題が出題されることも多いので、要警戒である。また、和歌の解釈と修辞法の学習も怠らないようにしておこう。
文化構想の漢文は、広いジャンルから出題される。したがって、入試に頻出する史伝や逸話だけでなく、論説文や漢詩などの読解も練習しておく必要がある。具体的には、史伝や逸話は主語や人称代名詞に注意して読解し、論説文や随想は、対比や対句的構造に注意する。また、漢詩は規則を理解している必要がある。設問においては例年、語彙・解釈・訓読などが問われるが、訓読・解釈についてはしばしば白文で出題される。したがって、基本的句形や重要語の知識が必要なのは当然だが、白文に対処できるように、動詞と目的語の関係など、漢文の基本的な構造を理解する必要がある。また、漢字や故事成語の語彙力を身に付ける努力をしよう。さらに、文学史・思想史が問われることもあるので、概要を押さえておこう。なお、文化構想の現古漢融合問題においては、今年度のように三者が密接な関連を有していることが多い。その場合には三者を相互に参照しながら読解してゆこう。
※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。