2017年度入試
出題分析と入試対策
  大阪大学 物理

過去の出題内容

2017年度

番号 項目 内容
1 力学 一定の力で動く電車の走行
2 電磁気 磁界中にある導体棒の運動
3
音叉から出る波、気柱の共鳴
シリンダー内気体の状態変化

2016年度

番号 項目 内容
1 力学 動く台上での小物体の運動、単振動
2 電磁気 コンデンサーの静電エネルギー、コンデンサーのY型・Δ型接続
3 気体の状態変化、熱サイクルと熱効率

2015年度

番号 項目 内容
1 力学 放物面上での小球の運動、単振動
2 電磁気 コイルの自己インダクタンス、多層コンデンサーの容量、交流共振回路
3 シリンダー内気体の状態変化

出題分析

分量

例年大問3題の出題である。解答時間は理科2科目で150分、1科目あたり75分だから、大問1題について平均25分で解けばよい。今年は難度が下がり、時間はきびしくなかったであろう。

設問形式

理論計算の答えだけを記述する問題が主であるが、選択問題、描図問題が出題されることもある。今年は、数値計算がたくさん出題された。
また、論述形式の問題が出題されることもある。いずれも内容は基本的なものだが、ある程度の表現力が必要とされ、要求された事柄について過不足なく的確に答えなければならない。

内容

大問3題の構成は、力学+電磁気+波or熱or原子が基本なのだが、今年は第3問で波と熱から出題された。コイルの電磁誘導や電気振動のような、教科書の終盤で扱うものが出題される傾向があり、現役生は試験に間に合うように、余裕をもって対策しておかなければならない。
《力学》
いろいろなタイプの運動が過去問において取り上げられているが、最近は単振動が多い。等加速度直線運動・放物運動・等速および不等速円運動・単振動といった代表的な運動を論じるときに必要な諸公式は、自由に使いこなせるようになっておかねばならない。どのような運動であっても運動方程式を正しく書けること、そして運動量保存則や力学的エネルギー保存則が成り立つかどうかを判断し、いずれの場合でも正しい関係式を書けるようになること、以上二点が力学の基本である。
《電磁気》
最近10年間の大問で扱ったテーマを見ると、電磁誘導が2回、導体棒の運動が2回、回路が5回、荷電粒子の運動が2回、コンデンサーが1回となっている。電磁気の分野からは必ず出題されるので、どの項目も万遍なく学習しておかねばならない。
《熱力学》
状態方程式と熱力学第1法則を使いこなせるようになることが必要である。09年は断熱過程が出された。ポアソンの式も含めて、慣れておきたい。
《波動》
音波ではドップラー効果、光波では干渉と回折の出題頻度が高い。干渉と回折の問題は難しいものが多いので、苦手な人は早期に克服しておきたい。

難易度

今年は難度が下がったが、例年は入試問題としてはかなり難度が高い。問題集に載っている難しい問題も、手を抜かずにやっておこう。また、00年度のレーザー冷却のように、新しい技術をもとにした問題が取り上げられることもある。見慣れない問題にぶつかっても、あわてずに対応できる力を身につけておきたい。

入試対策

まずは過去3年間の阪大の入試問題を、本番にあわせて、1年分あたり75分で解いてみよう。時間を限ることが大切である。たとえば3時間かけて全問正解したとすれば、それはそれで評価できるが、本番で合格点を取れるとは限らない。解答の速さも実力の一部なのである。
大雑把に採点して正答率が50%以下であれば、実力に不安があるといえる。この人達は弱点を補強しなければならない。弱点を発見するためには問題を解くしかない。解いて間違えば、間違えたところが弱点である。それが単純な計算間違いであれば、計算処理能力に弱点があるのであり、問題文の読み間違いや見落としであれば、読解に注意深さが不足しているのであり、解き方がわからなかったり、間違った考え方で解答したのであれば、基本事項の理解にあいまいな点があることになる。計算力や読解力は、各自が間違いを防ぐ工夫をして、問題を数多く解けば自然と身につくが、基本事項の理解はそうはいかない。わからないことがあれば、教科書や参考書を読み直したり、教師に質問するなどして、わからない原因を徹底的に究明しなければならない。その努力によってあいまいな点が明確に理解できたとき、実力が1段階上がるのである。あたりまえのことだが、このような努力の積み重ねしか実力をつける方法はない。
もし過去3年間の入試問題を75%以上解くことができれば、基本的なことはよくわかっていると判断してよい。この人達には、現在の実力より少し上の難問題を解くことを勧める。時間をかけて、与えられた条件から答えに至る論理を丁寧に追う努力を続ければ、幼稚な間違いを犯す可能性は少なくなるし、わかっていたつもりの基本事項にあいまいな点があることに気づいたりすることもある。
正答率が50%~75%の人は、自分に合った標準的な問題集を解くとよい。物理が得意で自信があるのなら、難問題に挑戦してもよい。とにかく、物理は問題を解くことによって理解が深まり、実力がついてくるので、可能な限りいろいろな問題を解いてみること、これにつきる。
※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。