2017年度入試
出題分析と入試対策
  神戸大学 物理

過去の出題内容

2017年度

番号 項目 内容 形式
力学 運動方程式、等加速度直線運動、放物運動、力学的エネルギー保存則 記述、論述、描図
電磁気 等加速度運動、等速円運動、仕事と運動エネルギーの関係、ローレンツ力 記述、論述、描図
波動 相対屈折率、反射、干渉条件 記述、論述、描図

2016年度

番号 項目 内容 形式
力学 万有引力の法則、万有引力による位置エネルギー、等速円運動、楕円運動 記述、論述
電磁気 電磁誘導の法則、自己誘導、コイルに蓄えられるエネルギー、SI単位系 記述、論述
波動 正弦進行波を表す式、固定端反射、定常波を表す式 記述、論述、描図

2015年度

番号 項目 内容 形式
力学 弾性衝突、運動量の保存、単振り子、円運動、非弾性衝突と放物運動 記述、論述、描図
電磁気 電気容量、誘電体、電気量の保存、静電エネルギー、コンデンサーの放電、キルヒホッフの法則、ジュール熱 記述、論述、描図
内部エネルギー、熱と仕事、比熱、サイクル、熱力学第1法則、ポアソンの法則、熱効率 記述、論述

出題分析

分量

試験時間は理科2科目で120分(学部によっては1科目で60分)、物理は大問3題の出題である。全体の小問数はそれほど多くはないので、時間が極端に不足することはないだろう。ただし、解答形式に特徴があり、答に至るまでの導出過程を要求する問題や、文章で理由を説明させる問題が大半なので、注意が必要である。試験時間の配分については、この点を十分に考慮して対応しなくてはならない。

内容

最近5年間の分野ごとの出題数は力学と電磁気が各5題、波が3題、熱が2題であり、力学・電磁気を中心に全分野からむらなく出題されている。また、力学と電磁気から1題ずつ、残り1題が波か熱のいずれかという構成が、例年の出題パターンとなっている。ただし、今後は原子物理からの出題も想定されるので、注意してほしい。

難易度・特徴

各小問は、多くの入試用問題集に見られる標準的なものが中心であり、決して難しいとは言えない。しかし、導出過程が要求されることに加え、「問題の解答に必要な物理量を表す記号はすべて各自が定義する」という解答形式の問題もあり、受験生にとっては油断できない問題が多い。本書においても、解答や解説を読むとたやすく理解できるにもかかわらず、いざ自力でやってみると答案の書きにくい設問も多いのではないだろうか。また、理由や証明を問う問題では、自分の考えを文章化して答えるために、相当の時間を要する恐れがある。このような点に注意して、日頃から十分な練習をしておく必要があるだろう。

入試対策

まずは、数年分の過去問を、実際に自分で解いてみることが大切である。神戸大入試の雰囲気を実感した上で、どのような受験対策が自分にとって必要なのか、よく考えてみよう。ここでは、いくつかのアドバイスをしておく。参考にしてほしい。

<問題練習>

まず、標準レベルの問題集を1冊ていねいに仕上げることを勧めたい。ただし、やり方には工夫が必要である。最低2回は通してやるのである。1回目は、とにかく答えを出すことを目標にして取り組めばよい。2回目は、どの問題についても、導出の過程を簡潔に書くことに重点を置き、論述形式の答案を作り上げてみよう。そうすれば、問題に対する理解が一段と深まると同時に、解答を要領よく書き上げる練習もできるわけだ。神戸大の入試には、手早く多くの問題をこなすよりも、一冊の問題集にじっくり取り組む方が効果的である。

<論述対策>

神戸大のような形式の問題でも、まずは正解が得られたか否かが評価されるだろう。しかし、理由や導出の過程が要求される問題では、結論に至る考え方の内容や表現も評価される。式を立てるときには、使用する文字の定義を忘れないようにしたい。また、このような問題では、文章が数式以上に重要となることもある。物理の用語や法則については、その定義や内容の理解はもちろんのこと、名称も正確に覚えて使いこなしてほしい。それによって、答案をより正確で簡潔なものにし、時間を節約することもできる。このためには、現象や法則など、気になることがあれば必ず教科書や参考書に目を通し、知識の確認を怠らないことが肝心である。これに加えて、<問題練習>で勧めた勉強法を実行して積極的に文章を交えた答案を書き、様々な用語を使いこなす経験を積むことが、効果的な神戸大の論述対策になることは間違いない。

<最後に>

物理の力をつけるには時間がかかる。とにかく、ねばり強く勉強を続けてほしい。
※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。