2018年度入試
出題分析と入試対策
  神戸大学 地学

過去の出題内容

2018年度

番号 項目 内容 形式
地質・鉱物 地球の層構造、平均密度の算出、地質図作成、堆積環境 穴埋め、計算、作図、論述
地球物理 断層の型と地形、地磁気異常の縞模様
海洋プレートの変化
穴埋め、図示、論述
天文 ケプラーの第三法則、年周視差と距離
シュテファン・ボルツマンの法則
穴埋め、計算

2017年度

番号 項目 内容 形式
地質・鉱物 地球の歴史 穴埋め、説明、記述、描図
地球物理 重力異常と地震 穴埋め、説明、計算、描図
天文 ケプラーの法則、地球の放射エネルギー、惑星の受けるエネルギー、食による光度変化 穴埋め、計算、説明

2016年度

番号 項目 内容 形式
地質・鉱物 岩石・鉱物、アイソスタシー 穴埋め、計算、論述
地球物理 地球上の流れ、水収支、深層水の形成 穴埋め、計算、論述
天文 等級と明るさ、シュテファン・ボルツマンの法則 記述、計算、論述

出題分析

全体像

2018年度の出題数はまったく変化せず大問3題であった。難易度は2017年から変化したとは認められず、神戸大らしい良問であるが、問われる内容が多く分量としてはやや増加した。そのため時間が多く必要となって苦しい思いをした受験生もいたのではないだろうか。しかし、2016年度以来の新課程(もはや新課程の表現ははずしてもよいが)の内容を上手に取り込んだ神戸大の特徴といえるものが定着し始めたといえよう。より詳しくは、高校地学の教科書に記載されている内容から逸脱しないように留意しながら受験生の教科書理解の程度を見ようとする出題である。特に、高校地学の、異なった分野を横断するような内容を出題し、受験生が理系学部へ入学して講義についていけるかを見ようとする傾向がますます明らかになったような印象である。分野を横断するような内容を計算などの量的な把握で捉えようとすることは高校レベルでは難しいと思われるので、今後とも計算問題が増加することはあまりないと推測できるが、論述や記述問題あるいは図を描かせることで、理系としての基本能力を見ようとする出題は増加することと思われる。

今年度の特徴

神戸大の地学関係の学科は理学部の惑星学科、海事科学部があるが、主に惑星学科が出題を担当していると思われる。惑星学科の中に天文、地球物理、地質鉱物関連の専攻があるので、それぞれから1題ずつ3題の出題は不変である。出題内容は高校教科書の範囲を越えるものはなく、教科書の内容を十分にしっかりと理解していれば、「出題内容がわからない」と悩むようなことはないであろう。すなわち、「地球科学や宇宙科学の最近の研究成果のストーリーを取り入れて、地学の面白さを伝えよう」という課程の特徴をしっかりと押さえた出題といえよう。これはここ3年ほどの神戸大の出題に現われていると思えるので、「神戸大の特徴」といってもよいのではないか。後でやや詳しく述べることになるが、地学の暗記事項はしっかりと頭に入れた上で、教科書に記述されている話の筋道を理解することが大切である。

内容

地球の層構造と構成物質、平均密度の算出、地質図の作成、堆積環境とかなり広範囲で内容が豊富な出題である。個々の問題は難しくはないが、一つのテーマに絞り込んだ出題ではないので、解答に時間がかかる可能性がある。平均密度の計算では、「重力加速度」から地球の質量を算出することが求められているので、自転遠心力を考慮しないときの重力加速度の求め方を理解しておく必要がある。地質図を描くときは露頭観察の結果をしっかりと読む必要がある。その上で、走向傾斜を考えて作図をすればよい。ただ、走向の表現がN90°Eとなっているのはびっくりした受験生もいたのではないか。しかし、EWを意味していることはすぐに理解できよう。
プレートの境界には離れる境界(海嶺)、近づく境界(海溝)、すれ違う境界(トランスフォーム断層)があることは常識としてよいであろう。各境界で地震を発生させる断層の型についても同じである。これを敷衍すれば、観測点におけるP波初動の向きを知ることができる。理解するためには縦波の伝わり方の特徴を理解することがポイントである。
海洋プレートの移動は海嶺軸をはさんで地磁気の縞模様(強弱)が対象に現われることから理解されるようになった。この縞模様の成因が海底に記録された「残留磁気」によるものであることは知っていなければならないが、「残留磁気」とはどのように作られるのかを理解しておかなければ後半の問題は説明が難しくなる。また、アイソスタシーとはどのようなものかを理解することも要求されている。問5のプレートの移動速度を求める問題は、プレートが「変形しない板(剛体)」と考えたときの移動速度なのか平行移動の速度を扱うのかが明確ではない。剛体として扱うのならばどこでも移動速度は同じになる。平行移動の速度ならば緯度による違いが現われる。
銀河系については、問題文にあるように、観測技術の向上から精度が上がり、かなり詳しいことがわかってきた。その中で、高校地学で扱える範囲を出題したと見受けられる。特に、銀河の回転にケプラーの第3法則を当てはめて考えることは高校地学でも十分に扱える。ケプラーの第3法則は従来の地学では、地球と太陽に関係する量(距離は天文単位、公転周期は年、太陽質量を1)を用いて式が立てられてきたが、物理で扱う第3法則の式を用いることが次第に要求されるようになってきている。そこを誤らなければ後は教科書に記述されている用語の意味を理解しておくことで対処できよう。

傾向

全体像で述べておいたが、現在の高校地学は「最近の研究成果を取り入れ」、「自然科学としての地学の面白さ」を前面に出す内容になっている。そこには、大学に入学するまでにある程度の自然科学の素養を身に付ける、という従来の高校理科の考え方とは違う考え方になっている。一つのテーマを掘り下げるような従来の出題から、分野を横断するような出題内容に変化してきている。神戸大もそこはしっかりとつかんで出題しているが、その範囲内で「理系としての必要な受験生の素養」を見ようといろいろ工夫をしているようである。2014年度から2017年度まで姿を消していた「図示」が復活したが、受験生の力を見るために必要だから出題したということであろう。このような点から考えると、「神戸大が必ず出題する分野は何か」といった特徴を探ることは無駄な努力である。あえて「傾向」というのならば、受験生の力を見るためにはどのような出題が適当かを毎年考えて出題しているということであろう。

入試対策

出題の仕方も次第に固定してきているように見受けられる。◇傾向◇でも述べたように、現在の課程の基本姿勢につながる学習をすることが重要な対策である。すなわち、分野を横断した「最近の研究成果から、地学現象を理解するストーリーがどのように組み立てられるか」が高校地学でも表に出てきている。ただし、「単にストーリーを暗記すれば対処できる」と誤った考えはしないでほしい。ストーリーの暗記のみで対処できるのならば受験は楽なものであるが、この方法は直ちに行き詰まるであろう。それは、ストーリーを組み立てる上では自然科学の考え方が当然用いられているからである。そこをつかむための勉強方法としては、高校地学の内容をしっかりと咀嚼し、「地学の考え方を身に付ける」ことである。「地学の考え方」といっても漠然としているが、「目の前で、実際に生じている現象あるいは事物を物理や化学の知識を用いて理解する」のが地学の目的の一つであるといえば了解してもらえるのではないだろうか。これからでてくる一般的な対策としては、
A:
物理や化学の素養を身につける
B:
その素養をもとにして地学現象がどのように解明されるかを理解する。
という2点が上げられる。ここでいう「物理や化学の素養」というのは、入試問題を解くことをいっているのではない。たとえば、「電流」は荷電粒子の流れであり、電流が流れるとその周囲に磁場が生じる、といった中学理科程度のことを理解しておくことである。すると、太陽風が荷電粒子の流れであることから、それに付随する磁場と地球磁場が影響しあうことは予測できるようになる。2018年度でいえば、問題Ⅰの平均密度の算出、問題Ⅱの地磁気異常の縞模様の成因(この問題の裏には残留磁気についての知識が隠れている)、問題Ⅲのケプラーの法則の使い方、天体間の距離の求め方やシュテファン・ボルツマンの法則などが物理や化学の素養に当たる。このような素養の上に立って、
天文分野:太陽の表面現象 太陽系の形成 惑星 恒星の物理 銀河(宇宙論)
地球物理分野:地震 地球の熱収支 超高層大気 プレートテクトニクス
地質鉱物分野:マグマの発生と火成岩、岩石の変成条件、全地球史の概要
などに学習上の力点を置けばよいのではないか。ただし、あくまでも高校地学の基本をしっかりと身につけた上で、という条件が付いて上記のⅠ~Ⅲに力点を置くことが大切である。間違ってもⅠ~Ⅲだけを学習すればよいなどと考えないように。さらに、三角比を含めた図形の取り扱い、指数・対数を用いた計算法や対数グラフの読み方、描き方といった数学的な力、有効数字の考え方と計算法なども必要である。
※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。