駿台入試ニュース 2017 VOL.2
ヘッドライン

【1】2019年度国公立大入試日程

センター試験は1月19日(土)・20日(日)、個別(2次)試験出願は1月28日(月)~2月6日(水)

【2】2019年度開設予定大学等について

大学設置は4大学、学部設置は18大学18学部、学科設置は4大学4学部4学科
私立大入学定員の増減、申請は18大学

【1】2019年度国公立大入試日程

2019年度入試スケジュールが明らかに

2019年度の入試スケジュールは次ページのとおりで、センター試験は、2019年1月19日(土)、20日(日)に実施されます。なお、センター試験受験案内交付日・出願日については、6月上旬に大学入試センターから公表される予定で、現時点では駿台予備学校で推定した日程を記載しています。また、すでに発表されている各大学の2019年度入試日程をみると、大阪大の薬は(薬科学)を募集停止して全学部(薬)での募集となります。また、千葉大の工(総合/物質化学)、熊本大の教育などで後期日程を廃止します。

私立大でも、センター試験を新規に利用したり、利用する学部・学科をさらに拡大したりする大学がありますが、これらの詳細については7月末に大学入試センターから公表される予定です。

各大学の入学者選抜要項は、一般選抜以外の推薦入試やAO入試などの特別選抜の詳細も含めて7月末までに公表されますが、受験生にとって負担が重くなる変更は高2の夏までに発表することになっていますので、今後新たに発表となる変更は、負担が重くなるものはないと思われます。さらに、11月以降に発表される一般選抜の学生募集要項でも変更点などが示されることがありますので注意が必要です。なお、主要大学については、駿台ホームページでも変更点をまとめて掲載しています。

2019年度入試では、東京工業大の前期での類別募集から全学一括募集への変更をはじめとして、難関大の入試改革が進んでいます。東北大ではAO入試が拡大され、神戸大では「志」特別入試が新規実施されます。また、インターネット出願を導入する大学や、英語4技能資格・検定試験を利用する大学も、国公立・私立を問わず引き続き拡大しています。

【2】2019年度開設予定大学等について

大学設置は4大学、
学部設置は18大学18学部、学科設置は4大学4学部4学科

今回発表されたのは、申請のあった大学、学部、学科の設置に関するもので、新たに大学を設置するのは4大学です。また、新たな学部を設置するのは富山県立大・看護など18大学18学部、学科の設置は4大学4学部4学科となっています。

私立大入学定員の増減、申請は18大学

今回発表されたのは、私立大の入学定員の増減に関するもので申請は18大学です。主要大学の中で定員増となるのは、中央大、青山学院大、京都産業大で、いずれも学部、学科の新設、改組による増員となっています。また、順天堂大・国際教養は特例として東京23区内で唯一増員が認められました。