No.1985

京都大学 法学部へ受験合格体験記

中西 結希乃さん
大学・学部
京都大学 法学部
学年(2022年度現在)
2年生
出身高校
嵯峨野高校
出身地(都道府県)
京都府
得意科目
英語
苦手科目
数学・世界史
現役進学or浪人経験
現役
駿台在籍時の校舎
京都校
目次

Q1.進学した大学を選んだ理由を教えてください

実家から通える関西の大学に行きたいと思っていたのと、高校2年生の時にあまり勉強に身が入っていなかったので、自分にとって高い目標を立てようと思い、自分が行ける中で一番良い大学を考えた時に京都大学に進学したいと思いました。

Q2.進学した学部を選んだ理由を教えてください

高校生の頃、将来やりたいことがあまり見えていなかったので、どのような道に進むとしても役立ちそうな法学部に興味を持ちました。経済学部なども考えましたが、京都大学に憧れがあったので、合格する可能性の高い法学部を選びました。

Q3.合格にたどり着くまでの学習状況・メンタル状況

高1

行きたい大学は特に無く、その時の実力で行ける大学に行けたらいいかなと考えていましたが、国語・数学・英語の3教科はきちんと勉強するようにしていました。

高3・1学期

京都大学を志望することを決めたはいいものの、学習は全く追いついておらず、特に数学と世界史の学習は遅れを取っていました。

高3・冬

模試の結果などに少しずつ成果が表れてきて、このままのペースで伸びていけば可能性はあるかもしれないと自分の中では思っていました。

Q4.「これだけは毎日取り組んだ」「受験勉強中は絶対にこれはやらない」などのマイルール

平日だけでなく休日も、友達とお昼ご飯を食べる約束をして、昼までには駿台に行くようにしていました。駿台の自習室にいる間はスマホを触らないことも心掛けていました。

Q5.大学受験にまつわることで辛かったこと

初めは志望校に実力が全然伴っていなかったので、京大志望と周りに知られることが少し恥ずかしいという気持ちがありました。でも、期待されていない中で合格したら逆にかっこいいだろうなと思ってそれをばねに頑張りました。

Q6.大学受験をしてよかったことや得られたこと

高校受験の時は、どちらかと言えば塾の先生に言われた通りに勉強していた部分があったので、大学受験で自分で高い目標を定めて、それに向かって自分で考えて努力するという経験が得られたことがとても良かったと思います。

Q7.大学生活の様子

勉強・部活・アルバイト・遊びなど様々なことにおいて、高校までよりもできることの範囲が広がって、とても充実した大学生活を送ることができています。規模が大きい大学なので、自分から動いていけば楽しいことがたくさんあるし、いろいろなコミュニティがあるので自分に合う場所が見つけやすいと思います。

Q8.駿台に通学した感想

自習室

開放型自習室やブース型自習室など、種類が豊富で気分や用途によって選べます。人の目がある方が良いと感じるときは開放型の自習室を、1人で集中して過去問を解きたいときなどはブース型の自習室を使っていました。

雰囲気

みんながしっかり勉強しにきている雰囲気があり、勉強しやすい環境でした。普段の授業などもレベルが近い子と受けることができたので刺激になりました。

京都大学合格を目指す方へ

駿台では京都大学受験合格者の声やおすすめのコースをまとめました。

京都大学合格の受験合格体験記

よく読まれている合格体験記

記事が見つかりませんでした。

体験記を条件から探す

国私

目次