No.1708

東京大学 文科三類へ受験合格体験記

𠮷﨑 友香さん
大学・学部
東京大学 文科三類
学年(2022年度現在)
1年生
出身高校
フェリス女学院高校
出身地(都道府県)
神奈川県
得意科目
英語
苦手科目
数学・国語(古文・漢文)
現役進学or浪人経験
現役
駿台在籍時の校舎
横浜校
目次

Q1.進学した大学を選んだ理由を教えてください

やりたいことが決まっていなかったので、入学時に学部が決まらず「進振り制度」がある点が魅力的だった。気になっていた国公立大は他にもありましたが、その中で家から一番近かったため選びました。

Q2.進学した学部を選んだ理由を教えてください

消去法です。法(文一)にも経済(文二)にも興味がなかった。

Q3.合格にたどり着くまでの学習状況・メンタル状況

高3・1学期

駿台で古典の授業を受講し始め、古典の勉強を本格的に始めました。

高3・夏

数学の基礎事項を見直しました。英語は1学期の復習を徹底的に行うようにしました。

高3・冬

共通テストで利用する理科基礎の科目を決め、その勉強を始めました。共通テストまで1か月を切っていたので少し焦っていました。

入試直前

東大の過去問を始めるタイミングが遅く、10年分は解くつもりが5年程度しかできなかった科目が殆どで若干不安でした。入試直前の勉強相談会を活用して、地理の論述対策をしました。講師の方が丁寧に対応してくださり本当に助かりました。

入試本番

二次試験では1日目が終わって落ちたかもと不安に思いましたが、切り替えて2日目の科目の確認に徹するようにしました。

Q4.こだわり勉強法や勉強グッズ

タイマーを多用しました。眠くなったら寝るようにしました。

Q5.大学受験にまつわることで辛かったこと

やりたいことや行きたい大学がなかなか定まらず、モチベーションがない中で勉強を続けなければならなかったことが辛かったです。

Q6.大学受験をしてよかったことや得られたこと

忍耐力がつきました。

Q7.大学生活の様子

課題やテストが本当に多く、受験生の時と変わらないほど勉強しています。大変ですが非常に充実しています。部活もやりがいがあって楽しい。周りが皆賢い人たちばかりで、様々な意味で環境に恵まれていると感じます。

Q8.駿台に通学した感想

自習室

ブース型や教室やホールなど様々なタイプの自習室があり、気分によって色々な場所で勉強できる環境であったのが良かったです。

職員スタッフ(クラス担任、進路アドバイザー、クラスリーダー)

進路アドバイザーの方が様々な面で親身にサポートしてくださり、とても有難かった。

模試

駿台全国模試や東大入試実戦模試は難易度が高く辛かったのですが、精神的にも本番のシミュレーションとなり良い練習ができました。問題の質が良く、復習することで自分の学力が大きく向上したと思います。

東京大学合格を目指す方へ

駿台では東京大学受験合格者の声やおすすめのコースをまとめました。

東京大学合格の受験合格体験記

よく読まれている合格体験記

体験記を条件から探す

国私

目次