現役フロンティアの特長2.授業

レベル別コース

下記は首都圏の例です。「レベル構成」の詳細は各地区版「入学案内」をご覧ください。

志望・学力・進度に合わせた3レベル構成

レベル・目標 特長
Sα 最難関
スーパーαレベル
目標東大・京大・東工大・一橋大・医学部をはじめとする最難関大学

授業進度が早い中高一貫校生ならびに、各科目の成績最上位者を対象とした最上位レベルです。最難関大入試を分析して厳選した大学入試レベルの演習に早期から取り組み、最難関大現役合格に必要な記述・論述力を徹底的に養成する高度な授業を展開していきます。

S 難関
スーパーレベル
目標東大・京大・東工大・一橋大・医学部・早慶上智大など難関大学

基礎学力がある成績上位者を対象にしたレベルです。難関大入試を分析して選び抜いた良問に取り組むことで、確固たる基礎力の定着と高度な応用力・実戦力を養成し、難関大現役合格に必要な学力の土台を構築していきます。

A 標準
スタンダードレベル
目標国公立大学・私立大学

基本・重要事項の徹底理解を図ることで大学入試の基盤をつくり、その上で応用力・実戦力を養成します。

※年度途中でのコース変更も可能です。

■現役フロンティアレベル別コース(首都圏の例)

目標とレベルイメージ(首都圏の例)

※目標とする大学は地区により異なります。

講師
動画で見る

プロの講師

現役フロンティアの授業は、学問の本質をきちんと伝えることができる講師が担当します。講師の「教える情熱」から生まれる授業の熱気!現役フロンティアの授業を受けてみれば、他では味わえない真の学びを実感できます。一人ひとりの講師が「情熱」と「ノウハウ」を駆使し、皆さんの学力アップ、志望校現役合格を約束します。

正攻法のライブ授業

現役フロンティアの講師は、長年にわたり授業・教材研究、入試問題研究を積み重ねて生み出した的確な教授法により、「徹底的に理解させる」正攻法の授業で志望校現役合格へと導きます。本物の講師が「ライブ授業」で皆さんに向き合い、本物の学力を養成します。

すぐに質問できる環境

現役フロンティアは講師との距離が近いのが特長の一つ。「授業を受けてわからないことがあった。」「復習していた時に疑問が出てきた。」そういう時にはすぐに講師室へ!講師室は常にオープンで、授業の前後・休み時間に担当講師が一人ひとりの疑問に丁寧に答えます。「疑問点はその日のうちにすぐ解決!」で次の授業までに着実なステップアップができます。

50分授業/座席指定制

座席指定制

高校の授業や部活動の後に駿台に登校しても、自分の席が用意されている座席指定制だから安心です。現役フロンティアの座席指定制なら、授業以外のことに気を取られずに、勉強に集中することができます。また、公平を期すため、定期的に席替えを行います。

50分授業

50分授業

授業は50分単位で構成されています。現役生に最適な学習時間「50分授業」だから、一つひとつの授業に集中して体系的な理解を深めることができます。さらに科目・習熟度に合わせた時間割を編成し、学習効果を最大限に引き出すカリキュラムになっています。

演習/添削
動画で見る

駿台×Z会の強力コラボ

駿台Z-KAI

「細部把握力」と 「大局把握力」を鍛え上げる
東大英語で比重が大きい長文読解に加え、リスニング・英作文などの力を高1、高2、高3と段階的にバランスよく養うカリキュラムで、東大入試を突破する実力を築きます。Z会の添削指導でさらに実戦力を完成させます。

英語リスニング対策

教材イメージ

時代とともに変化する大学入試に対応するため、駿台では、リスニング指導を強化しています。さらに自宅学習用「リスニングドリル」を全学年の英語受講生に配当し、現役生の英語リスニング力をパワーアップさせます!

リスニングドリル配当コース

OD(オンデマンド)欠席フォローシステム
動画で見る

こんな理由で不安を感じている人はいませんか?

  • 高校の授業終了後、すぐに向かっても、駿台の開始時間に間に合うか不安…
  • 学校行事が多く、授業を遅刻・欠席することがあるかも…
  • 部活動との両立を図りたいけど、時々部活動の時間が延びることも…

授業を遅刻・欠席した場合どうすればいいの?

OD欠席フォローシステムで、遅刻・欠席した授業の録画を個別視聴できます。
駿台が独自に開発したフォローシステムで、皆さんの不安を解消します。

遅刻・欠席した授業も映像で個別視聴が可能

現役フロンティアでは、万一授業を欠席・遅刻した場合でも、日頃受けている講師の授業を継続して受講することが、最大の学習効果を上げるものと考えています。「部活動で遅刻してしまった」「体調不良で欠席してしまった 」そんな時でも駿台なら安心です。授業をすべて録画しているので、「いつもの先生」が、「いつもの話し方」で「いつものように授業を展開している」慣れ親しんだ授業の映像で学習を継続できます。振替授業では得られない学習効果と満足感を得ることが可能です。

「OD欠席フォローシステム」の内容

欠席・遅刻した授業もクリアな映像で個別視聴が可能
  • ◇教室設置のカメラで通常授業の自動録画を行います。
    学校行事・部活動や体調不良などの理由で授業を遅刻・欠席した場合に、録画された授業をオンデマンドシステムを利用して後日個別視聴で受講できるシステムです。

  • ◇自分のスケジュールに合わせて、都合の良い日・時間帯を予約し、視聴することができます(日曜日は除く)。
    視聴期間は、授業日の翌日(午後)から3週間以内となります。

  • ※システム利用料として1回の利用につき500円が必要となります。

フォローアップWeek

フォローアップWeek[高1・2クラス]

毎週受けている授業がどれだけ身についているか、自分でチェックすることは難しいものです。そこで、高1・2クラスでは、学期ごとに「理解度確認テスト」/「Sα実戦テスト」を行い、授業内容の定着確認と完全理解を目指します。

フォローアップWeek[高1・2クラス]

駿台のオリジナルテキスト

現役合格へのエッセンスを詰め込んだレベル別オリジナルテキスト

テキスト

現役フロンティアのテキストは、見かけはコンパクトでも、過去の出題データから学習の最重要ポイントを選び出し、最大限の学習効果が生み出される構成となっています。全体が体系化されているので、繰り返せば繰り返すほど効果は倍増します。また、授業のポイントを1年間ノートに書き込んでいけば、自分だけのとっておきの参考書が完成します。

数学のテキスト使用例 ~合格者のテキストの使い方~

数学のテキスト使用例1 数学のテキスト使用例2
現役フロンティアへの入学