ログイン・マイページはこちら マイページ、各種お申し込み、
会員専用情報はアイサム・クラブから!
新規会員登録はこちら・駿台生マイページ初回登録はこちら
緊急のお知らせ
自然災害による交通遮断時の授業運営・模試実施等についてのお知らせは緊急のお知らせこちらから
SUCCESS VOICE ~合格者喜びの声~
駿台生合格実績

東大教授講演会実施レポート

2018年度 東大教授講演会(2018年9月24日)は好評のうちに終了致しました。

英語学習に立ちはだかる「日本語の壁」

―なぜ、もうちょいリスニングに時間をかけるべきなのか

講師:阿部 公彦 先生

東京大学大学院 人文社会系研究科・文学部 教授

お茶の水校3号館[東大専門校舎]では、9月24日(月・祝)東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授 阿部 公彦先生をお招きし、「英語学習に立ちはだかる「日本語の壁」――なぜ、もうちょいリスニングに時間をかけるべきなのか」という演題で講演していただきました。

前半では、英語と日本語の違いについて、言語の成り立ちからお話しいただき、なぜ英語学習において日本語が壁となるのか、これまで聞いたことのなかった切り口の話に学生たちも真剣に耳を傾けていました。後半では言語の持つ運動感覚からリスニング学習への取り組み方、さらにその先の英語学習の発展についてお話しいただきました。アクセントに着目する捉え方などを学び、リスニングに対する意識が変わった様子でした。学生に質問を投げかけながら進行し、とても盛り上がり、かつ英語に関する興味が高まった講演会となりました。

阿部 公彦 先生

阿部 公彦 教授
東京大学大学院 人文社会系研究科・文学部 教授

阿部教授からのメッセージ

▲阿部教授からのメッセージ

講演受講者(学生・保護者)から寄せられたメッセージを、一部抜粋でご紹介します

  • これまで日本語の感性にとらわれすぎていたことに気づきました。今回の講義で英語の捉え方を知ったおかげで、英語により深みを感じられるようになりました。
  • 英語を、日本語をベースに理解しようとするのではなく、間の取り方やアクセントから相手の言いたいことを読み取っていく姿勢が大切だと気付くことができました。
  • 英語と日本語の違いについて、これまで何となく感じていたことを、はっきりと理解することができました。言語の運動感覚をつかむことの重要性を学べたので、今後の学習に活かしたいです。
  • 今後の英語学習において、"実践してみたい"と思うことが多く見つかり、英語学習のモチベーションが上がりました。
  • 英語の勉強方法の参考になるかと思い参加しましたが、日本語、英語それぞれの文化から言語の構造の違いなど深い内容を知ることができ、圧倒されました。