ログイン・マイページはこちら マイページ、各種お申し込み、
会員専用情報はアイサム・クラブから!
新規会員登録はこちら・駿台生マイページ初回登録はこちら
緊急のお知らせ
自然災害による交通遮断時の授業運営・模試実施等についてのお知らせは緊急のお知らせこちらから
SUCCESS VOICE ~合格者喜びの声~
駿台生合格実績

東大教授講演会(2019年6月23日実施) 自動運転が変えるモビリティ社会
~CASEとMaaSモビリティ・イノベーション~

講師:須田 義大 先生

東京大学 生産技術研究所 教授

2019年度 東大教授講演会(2019年6月23日)は好評のうちに終了いたしました。

お茶の水校3号館[東大専門校舎]では、6月23日(日)、6月30日(日)と、東大教授講演会を開催いたしました。初日である6月23日(日)は東京大学 生産技術研究所 須田義大教授をお招きし、「自動運転が変えるモビリティ社会~CASEとMaaSモビリティ・イノベーション~」という演題で講演していただきました。

現在、話題になっている自動運転について、教授が携わっている研究を基に講演していただきました。2020年以降実用化を予定している羽田空港内で運行予定の自動運転バスや、運送トラックの自動運転・隊列走行など、遠くない将来に実用化する自動運転のほとんどの研究に携わっている第一人者である須田教授のご講演は、これからの日本を背負う学生の興味・関心を掻き立てるものでした。
講演終了後の質疑応答では、自分たちが社会に出る時代を見据えた質問内容が多く、将来を考えるにあたっての大きなモチベーション向上に繋がったことがうかがえました。

須田 義大教授

須田 義大 教授

須田教授からのメッセージ
須田教授からのメッセージ

受講者から寄せられた感想をご紹介します!(一部抜粋)

  • 自動運転、モビリティシステムへの知見・関心が深まりました。様々な事業に積極的に取り組んでいる話を聞いて、やる気をもらいました。
  • 「自動運転はあくまで手段。目的ではない。」というお話が印象的でした。技術競争が過熱する中で、利用者の目線を保つ教授の姿勢には非常に共感できました。
  • 自動運転を実現するためには、技術的な課題だけではなく、法的な課題、社会的な課題もあることを知り、多角的な視点が大切であると思いました。
  • 研究者は、技術の開発だけでなく、それを伴った社会の形成についても想像以上に深く考えなければならないのだと、強く認識を改めさせられました。