2018年度入試
出題分析と入試対策
  名古屋大学 化学

過去の出題内容

2018年度

番号 内容 必要な知識
物質と化学結合
(二原子分子の生成熱と結合の極性に関する計算)
イオン化エネルギー、電気陰性度、極性、金属結合、自由電子、結合エネルギー、生成熱
問1 酸と塩基(正誤判定と誤りの理由説明) ブレンステッド・ローリーの定義、電離定数、弱酸、反応速度定数
問2 化学反応の速さ(半減期) 反応速度、1次反応、半減期
無機物質
(熱化学計算、溶解度積の計算)
亜鉛、黄銅、カドミウム、スズ、ハンダ、溶解度積、熱化学方程式、ヘスの法則、沈殿、水銀、硫黄
有機・合成高分子
(ビニロンの合成)
アセチレン、ビニロン、ポリクロロプレン、ベンゼン、アセタール化、フェノール、ポリビニルアルコール、クメン、安息香酸
天然高分子
(二糖とジペプチドの異性体数)
単糖、グルコース、マルトース、セロビオース、フェーリング反応、ペプチド、異性体

2017年度

番号 内容 必要な知識
問1 原子構造と周期表 原子番号、陽子数、中性子数、質量数、元素周期表、ハロゲン、希ガス
問2 イオン結晶 格子内粒子数、単位格子、限界半径比、クーロン力、融点、充填率
問1 気体平衡
N2 + 3H2 2NH3
結合エネルギー、熱化学方程式、ルシャトリエの原理、圧平衡定数、反応速度
問2 反応速度定数 反応速度定数、活性化エネルギー、触媒
問1 電気分解 直列・並列回路、イオン反応式、電流・時間・電気量の関係、イオン交換膜法、水素吸蔵合金
問2 リン酸の電離平衡と緩衝作用 電離定数、緩衝作用、酸・塩基
有機化合物C8H10O の構造決 ジカルボン酸、サリチル酸メチル、無水フタル酸、塩化鉄(Ⅲ)呈色、ヨードホルム反応、不斉炭素原子、構造異性体
天然有機化合物 アミノ酸の構造・等電点、二糖の構造・還元性、油脂、脂肪酸

2016年度

番号 内容 必要な知識
問1 空気成分の含有量を求める実験 乾燥剤(CaCl2、ソーダ石灰)、電子式
問2 分離操作 蒸留、再結晶、昇華、抽出、クロマトグラフィー
問3 単位格子 CsCl型の単位格子
問1 硫黄の化合物(無機化学) 接触法、SO2の性質、平衡移動の法則
問2 電離平衡(反応の理論) 加水分解定数、水のイオン積
問1 海水に関する実験(溶液の理論) 凝固点降下、モル濃度、浸透圧
問2 塩の決定 塩の溶解性、鎖塩、イオンの色
有機化合物の合成 ベンゼン、スチレン、トルエン、p -ジビニルベンゼン、銀鏡反応、ヨードホルム反応
高分子化合物
(多糖、タンパク質、核酸)
セルロース、DNAの成分元素ジペプチド、トリペプチド、キサントプロテイン反応、ビウレット反応

出題分析

分量

2018年の出題数と時間は以下の通りで、これは時間枠が大きく変化した2008年以降変わっておらず、安定期に入ったと考えられる。難易度は2008年以降、じわじわと難化の傾向にあり、さらに有機分野からの出題率が高くなりつつあり、かなり手応えのある問題揃いとなっている。

学部 学科 2017年
情報 自然情報 大問Ⅰ~Ⅴ
(1科目75分)
コンピュータ科 大問Ⅰ~Ⅴ
(2 科目150 分)
保健

パターン

完成法と記述法が主であるが、論述問題も見られる。2004年度からは導出過程を記述させる計算問題が出題されており、2010年からは論述、導出過程の他に、問題文中の記述内容が正しいことを示す計算式を要求する問題(一種の論述)などが出題されている。これらの傾向は2019年も続くと考えられる。十分な対策が必要であろう。

内容

化学問題Ⅰは、原子の構造や元素の性質、結合の種類、結晶格子など、教科書レベルではあるが広い範囲からの出題となる。剛体球の積み重ねによる金属結晶のモデル(07年)や硫酸銅(Ⅱ)五水和物の結晶構造(09年)、面心立方格子のすき間(11年)はやや難しかった。また、氷の結晶構造における水素結合(06 年・10年)、タンパク質における水素結合(12年)、LiCoC2 結晶の密度計算(14年)、面心立方格子を利用した個数計算(15年)、CsCl 型に関する計算(16年)、NaCl 型の限界半径比(17年)が出題されているのは注目に値する。

化学問題Ⅱは、主に状態の理論・反応の理論に関する計算問題が出題されることが多い。水蒸気を含む混合気体の圧力のグラフ(06年)、化学平衡と反応速度(07年)、電解質の溶解現象と溶液中のイオンの存在状態(08年)、結合エネルギーの算出(09年)、ボイル・シャルルの法則を用いたオゾン層の厚さの算出(09年)、状態図と蒸気圧曲線(10年)、二酸化炭素の溶解と電離平衡(10年)、電離定数、溶解度積(11年)、平衡定数、蒸気圧(12年)、理想気体と実在気体(13年)、2NO2 N2O4(14年)、加水分解反応(16年)、N2 + 3H2 2NH3(17年)、リン酸の電離平衡(17年)、半減期の計算(18年)、溶解度積(18年)などであるが、近年では気体と平衡に関する計算問題が目立つ。レベルは標準的。さらにヘンリーの法則(13、15年)は特徴的。

化学問題Ⅲは、主に無機化学の実験・観察問題になっていることが多い。マンガン 化合物とH2O2の反応(03年)、中和滴定実験(04年)、電気分解と水の電離(05年)、酸化銅(Ⅱ)によるアンモニアの酸化(08年)、黒ずんだ銀の指輪を重曹とアルミニウム箔を用いて還元する方法(09年)、銀塩と銅塩と銅板の反応(11年)、ダニエル型電池(12年)、Al と塩化水銀(Ⅱ)との反応(13年)、リチウムイオン電池(14年)、蒸気圧降下の実験(14年)、無機物質のX 決定(14年)、塩の決定(16年)、電気分解の実験・計算(17年)、陽イオンの分離実験(18年)。いずれも単なる暗記学習では対応できない真の実力が問われる内容が出題されており、得点差がつきやすい。

化学問題Ⅳは、主に有機化学からの出題である。X決定問題が多く、レベルは標準的。ただし、過去には立体異性体に関するややハイレベルな出題が見られることもあった(04・05年)。また、08~12年は反応機構に言及した問題、13年は酢酸エステル、14・16年は芳香族化合物の合成、15年は解熱鎮痛剤、17年は芳香族化合物の構造決定、18年は芳香族の合成である。

化学問題Ⅴは、主に高分子有機化学である。糖類(14年 糖の立体構造)、アミノ酸とタンパク質、油脂とセッケンからの出題が多い。ただし、合成高分子に関する問題も多いので要注意(08年はポリエチレンテレフタレートと尿素樹脂、09年では酢酸ビニル、10年ではフェノール樹脂、11年では高吸水性樹脂(この年ではⅣで出題)、12年では6、6-ナイロン、13年ではポリエステルが出題されていた)。さらに14・16年では核酸、タンパク質、多糖に関する出題、17年はアミノ酸・糖・油脂、18年はアミノ酸、糖であった。

入試対策

◇ 構造の理論は原子の構造からしっかり積み上げて理解する ◇
構造の問題では、断片的な知識が問われる。だからといって、これらの知識をバラバラに覚えようとしてもすぐに忘れてしまうし、応用も効かないのでうまくいかない。原子の構造から順にしっかりと積み上げるようにして学んでいこう。

◇ 実験力、観察力、結果の解析力をみがく ◇
現課程の大きな特徴は一言で言えば"やってみよう、調べてみよう"という所にある。
この特徴は、全問に貫かれている。器具、薬品の基本的な扱い方、実験操作の意味、実験結果の解析(分析)を常日頃からしっかりとマスターしたり、よく考えておく必要がある。たとえば『水上置換で捕集された水素の分圧は736mmHg であった』とあったとき、それはどうして測ったのかとちょっと考えて、その実験装置を確認しておくとか、『海辺では鉄はさびやすい』と聞けばそれはなぜか、どんな実験をすれば確かめられるのか、などについて考えてみることが大切である。

◇ 無機反応に強くなる ◇
化学は、やっぱり物質が"化ける"ことを主に扱うのである。それを、ミクロレベルから表すのが化学反応式であるから、これが自由自在に書けなくては化学をマスターすることは不可能である。中和、酸化還元、沈殿、錯イオン生成、分解などの基本反応を徹底的に書く練習をすべきである。ただ、その際、やみくもにするのではなく、反応式を書き下すにあたってのキーになる考え方をしっかりと確認しつつ練習することが大切である。

図1

◇ 化学反応の理論は日常的に使ってマスターする ◇
たとえば、AgClがNH3(aq)に溶ける反応も、単に『[Ag(NH3)2 ]+ となって溶ける』と覚えるのでなく、右図のような反応経路をまず考え、そして、 [Ag(NH3)2 ]+ 生成→ [Ag+] 減→ [Ag+] 増へ平衡移動という風に理解していけば、平衡移動の法則も自然と自分のものにできるであろう。

◇ 有機物Xの決定問題に強くなろう ◇
このタイプの問題では、単に有機反応の知識だけでなく、異性体、元素分析に関する計算、炭素数や炭素骨格のゆくえの追跡など、総合的な能力が試される。そして、問題を解く過程で有機化学の知識が総合的に定着していく。名大でも頻出なので、ぜひ多くの問題を解いてみよう。

◇ 天然有機物・合成高分子は逃げないで、日常生活とのつながりを利用して親しむ ◇
天然物の構造は複雑である。しかし、私達はこれらを毎日見たり食べたりしており、決して知らないものではない。だから、日常的にこれらを見たり食べたりしたときに『デンプンはα -グルコースが1 - 4 位、1 - 6 位で縮合したもので、ヨウ素と…』と、ちょっと思い出すだけでいつのまにか覚えてしまえるはずである。
合成高分子化合物も、私達が日常的に利用している小物(定規、ペン、器、…)に使われている。これら小物はどんな高分子化合物でできているのかをその都度確認しておけば各種の高分子化合物も無理なく覚えられるし、また、リサイクル問題などに強い、自然にやさしい人間にもなれる!?

◇ 記述力をつける ◇
50字前後の記述を要求する問題が増えている。現象、理由、操作の仕方などを的確に記述することを普段から心がけよう。

※本ページ内容は一部のコメントを除き、駿台文庫より刊行の『青本』より抜粋。