<第3回>どうなる?これからの大学入試①

大学入学共通テスト(以下「共通テスト」)における英語外部資格・検定試験の一括利用および国語(現代文)と数学①(数学Ⅰ、数学Ⅰ・A)の記述式問題の出題について、2021年度入試での導入が見送られることが2019年11月、12月に相次いで発表されました。みなさんの中には「いったい大学入試はどう変わるの?」と不安に感じる人もいるでしょう。しかし今回の改革の目玉であるこの2点が見送られたことは、2021年度入試は従来と大枠は変わらないということです。つまり不安は大きく軽減され、安心して学習を進めることができると言えるでしょう。
そこで今回より3回に渡り、2019年12月時点での情報をもとに、2021年度入試についてまとめてみたいと思います。ぜひ参考にしてください。

-人気の高い学部・学科(系統)は?-

最近の模試の志望動向を見ると、文系系統の人気が下がりつつあり、メディカル系の人気も低迷が見られ、これは2021年度入試でも継続すると思われます。
細かく見ると、文系系統では、経済・経営・商学系や国際関係系を中心に高い人気がありましたが、昨今の国際情勢やオリンピック・パラリンピック後の経済状況への不安から人気が下がってきています。
また、メディカル系は医学部の入学定員拡大による既卒志望者の減少、薬剤師過剰による薬学系の人気下降などによって、志望者数の減少が目立っています。さらに、看護師不足から大学・学部新設が続いている看護系への人気も一段落しています。なお、医師をめざす高校生にとっては、既卒志望者の減少や、学力レベルのダウン傾向により、医学部への現役合格のチャンスが拡大していることは確かですから、簡単にあきらめないことが大事です。

一方で、人気の高い系統は「情報系」です。世界的に、AI(人工知能)、データサイエンスなどへの関心が高まっていますが、これらを専門に学ぶのが情報科学、情報工学といった情報系です。関連分野として電気・電子・通信系も注目されています。いずれも受験生からの高い人気を集め続ける系統であることは間違いなさそうです。

学部・学科を選ぶ際に大事なことは、人気が高い、先生や保護者の勧め、仲のいい友人が志望しているから、といった安易な理由で決めないこと。受験勉強の合間には、世の中の動きにアンテナを張って、自分が関心をもって学びたいことをしっかりと考えていきましょう。

(2020年1月21日掲載)